第14回 ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展に平沼孝啓が出展 世界初となるガラス構造による建築作品を発表

@Press / 2014年4月10日 12時0分

このたび、第14回 ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展(2014年6月7日~11月23日)におきまして、建築家の平沼孝啓(ひらぬま・こうき / 平沼孝啓建築研究所)が、世界初となるガラス構造によるシームレスな建築空間作品『glastecture "air flows there."』を発表します。


第14回 ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展開催にあたって、総合ディレクターのレム・コールハースは次のように述べています。「かつて特定的でローカルだった建築は、代替可能でグローバルになった。国家のアイデンティティは、現代性に犠牲にされているように思う。」「私たちが建築について何か新しいことを発見するために、どの建築家でも、どこでも、いつでも使える建築の基本的要素を見直したいと思っている。」
平沼孝啓はこのステートメントに対し、「より自然に寄り添った、環境変化に追従するような空間こそが日常に豊かな時間をもたらす」として、ガラス構造による透明でシームレスなシェル状の空間の実現に挑戦します。ガラスを接合してシームレスにつなげることで面をつくり、またこれを曲げることによって生まれるねじれが応力を面内方向に伝え、接合部が梁のように働くことでガラスの構造がつくられます。周囲の風景を透過、反射して映し込むことで、刻々と変わる日差しを受けて姿を変えるこの作品は、自然との距離感について新しい示唆を与えることを目的としています。


■第14回 ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展
 平沼孝啓展 / パラッゾ・モラ

<開催概要>
作品      :glastecture "air flows there."
開催日     :6月7日(土)-11月23日(日)
        :6月5日(木)&6日(金) 公式パーティー
開催場所    :平沼孝啓企画展示 パラッゾ・モラ(Palazzo Mora)
国別パヴィリオン:ジャルディーニ(Giardini di Castello)他
総合企画展示  :アルセナーレ(Arsenale)他
設計者     :建築家 平沼孝啓(平沼孝啓建築研究所)
         構造家 佐藤淳(佐藤淳構造設計事務所)
協賛      :BMW Japan
協力      :AGC旭硝子 東京大学
助成      :経済産業省
主催      :Global Art Affairs Foundation
総合主催    :La Biennale

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング