JR京浜東北線「西川口」駅徒歩8分の立地に全戸南東向きの新築分譲マンション誕生 【ガーラ・レジデンス蕨市民公園】第1期1次販売開始

@Press / 2014年4月15日 12時0分

外観
株式会社FJネクスト(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:肥田 幸春)は、新築分譲マンション「ガーラ・レジデンス蕨市民公園」(総戸数35戸)の第1期1次7戸の販売[登録受付]を4月19日(土)より開始します。

「ガーラ・レジデンス蕨市民公園」は、JR京浜東北線「西川口」駅徒歩8分に位置し、敷地の四方に隣接する建物がない開放感あふれる立地に全戸南東向きで誕生します。JR京浜東北線の利用による都心へのスピーディーなアクセス、「西川口」駅周辺の生活利便性、物件より徒歩3分の緑豊かな「蕨市民公園」など、充実した住環境が魅力です。


【ガーラ・レジデンス蕨市民公園の主な特長】
◆JR京浜東北線で都心直結のアクセス
◆四面開放の角地に開放感あふれる全戸南東向きの配棟計画
◆街に融け込み、街の新たな風景となるこだわりの外観デザイン
◆緑あふれる公園と生活利便性の高い周辺環境
◆自分の住まいを創造できる7種類のセレクトプラン(無償)
◆機能性・デザイン・ECOに優れた住戸設備


◆JR京浜東北線で都心直結のアクセス
最寄りとなる「西川口」駅はJR京浜東北線の利用で「東京」「上野」へ直通、また、「赤羽」駅よりJR埼京線の利用で「池袋」「新宿」「渋谷」などの主要駅へのスピーディーなアクセスが可能です。
また、2014年度末にはJR宇都宮線・高崎線が「東京」駅に乗り入れる「上野東京ライン」が開業予定。これによりJR東海道本線との相互乗り入れが可能となり、さらに利便性は向上する見込みです。


◆四面開放の角地に開放感あふれる全戸南東向きの配棟計画
「ガーラ・レジデンス蕨市民公園」は敷地の四方に隣接する建物がない開放感あふれる立地に誕生します。南東側は河川管理道路とポケットパーク、緑川をはさんで約27mの間、景観を遮る建物のない広々とした空間が続きます。その恵まれた立地条件を活かし、採光性・通風性に優れた開放的なランドプランとしました。
また、敷地全体の12.43%、計153.63m2を緑化スペースとして確保。住まう人、訪れる人を歓迎してくれるシンボルツリーのシマトネリコをはじめ、アジサイ、ハナミズキ、キンモクセイなど四季折々の木々花々が敷地内にあふれています。
※上記記載の花は植栽計画に基づくものであり、変更となる場合がございます。予めご了承ください。


◆街に融け込み、街の新たな風景となるこだわりの外観デザイン
物件外観は、緑が多く、落ち着いた周辺環境との調和を図りながらも、住宅地の中にあって、その存在感を主張するひと際重厚感のあるデザインに仕上げました。
スマートなフォルムとシンメトリーの美しさを演出する精緻なマリオンラインや、ダークトーンから明るいトーンへ移り変わっていくアプローチからエントランスホールへのデザインなど、シンボリックなフォルムの中に高級感と時を重ねるほどに愛着の深まる意匠・設計を目指しました。
奥行のあるアプローチには、表情の異なるマテリアルを効果的に配しました。また、訪れる人を包み込むように大きく張り出したキャノピーが迎賓空間の趣を演出し、風除室からエントランスホールへの動線に、「公」から「私」へ、「私」から「公」への切り替えを表現しました。

@Press

トピックスRSS

ランキング