うつ病患者の家族のための対策マニュアルアプリ「PINT(ピント)」iOS版販売開始

@Press / 2014年8月6日 9時30分

アプリロゴ
 うつ病などの精神疾患での社会的損失を軽減することを目的にサービスを開発・提供している株式会社Leaps Japan(リープスジャパン、本社:東京都港区、代表取締役:片岡 真由美)は、iPhone用アプリケーションとしてうつ病の患者を持つ家族を対象とした、うつ病対策マニュアル「PINT(ピント)」を、2014年8月4日から販売開始いたしました。


■開発背景
<増えるうつ病、求められる家族のフォロー>
 PINT(ピント)は、当社の代表取締役が企業で9年間、うつ病の患者や家族の相談を受けた経験を元に開発されました。厚生労働省の調査によれば、うつ病と診断された人は2008年には104万人にのぼり、9年間で患者数は2.5倍になりました。国でも精神疾患を重点対策疾患に指定し、労働安全衛生法の改正により従業員50名以上の事業所では従業員のストレスチェックが義務化されることになりました。

 うつ病は患者への対応に重点が置かれがちですが、患者に寄り添う家族も先の見えない不安や戸惑いを感じ、人知れず悩んでいます。その不安や悩みを解消するために必要な知識は病気に関することはもちろん、労働法や社会保障制度など幅広い分野に及びます。しかしながらうつ病という初めての経験の中、その都度必要な情報や知識を得ることは大変な労力を要します。

 PINT(ピント)ではこの点に着目。シナリオ型のフローを導入し、専門家の監修のもと、アプリケーション内でうつ病の治療がどう進んでいくかを示し、それぞれの治療段階で想定される問題に対応するための知識やアドバイスを提供します。この仕組みで「この先、どうなるのか?」「今、何をすればいいのか?」が分かることによって家族の抱える不安や悩みを解決に導きます。また、アプリケーション内の情報を得ても、ユーザーがどうしたらいいか決めかねている際に精神科医や精神保健福祉士といった専門家がアドバイスを送り、背中を押してあげるメッセージ機能を搭載しています。


■「PINT」の概要
名称  : PINT ~うつ病患者の家族のための対策マニュアル~
販売料金: 2,700円(税込)
対応OS : iOS 5.1.1 以降 Android 4.0以降

App Store URL
https://itunes.apple.com/jp/app/pint-jia-zunotamenoutsu-bing/id794303896?mt=8
Google Play URL
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.leapsJapan.pint.pay&hl=ja


■会社概要
商号  : 株式会社Leaps Japan(リープスジャパン)
所在地 : 〒107-0052 東京都港区赤坂4-14-14
代表者 : 代表取締役 片岡 真由美
設立  : 2012年8月
事業内容: 精神疾患に関する情報提供
      精神疾患の患者を持つ家族を対象としたアプリケーションの運営
資本金 : 1,205万円
URL   : http://leapsjapan.com/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

アプリ画面1アプリ画面2アプリ画面3

@Press

トピックスRSS

ランキング