男性“だけ”のバレエダンサー集団『PDA』が5月28日~初の東京公演を決定 ローザンヌ国際バレエコンクールで優勝した二山 治雄も出演!

@Press / 2014年4月15日 13時0分

メインビジュアル
株式会社サンライズプロモーション東京(所在地:東京都港区)は、男性バレエダンサー集団“PDA (Professional Dancer's Association)”の東京初公演の開催を発表いたします。本公演は2014年5月28日(水)~29日(木)にBunkamura シアターコクーンにて行われ、2014年 ローザンヌ国際バレエコンクールで優勝し、ユース・アメリカ・グランプリで1位を獲得した二山 治雄の出演も決定しております。
また、2014年5月10日(土)~11日(日)には森ノ宮ピロティホールにて大阪公演を行います。

PDAについて: http://ameblo.jp/pda-ballet/entry-11795913849.html


■PDA (Professional Dancer's Association)とは
PDAは、全国各地で活動する男性バレエダンサー及び振付家と、舞台にたずさわるメンバーが集まり結成したバレエ団体です。先輩にあたるダンサーたちが、後輩のダンサーに自分たち自身が教わってきたこと、積み上げてきた経験を伝え、縦と横のつながりを築いて互いに成長し、バレエ界の力になっていきたいという目的を持って、会長 樫野 隆幸を中心として活動を開始しました。

通常は別々に活動しているダンサーたちが、月に1度の企画会議、半年にわたるリハーサルを通して年に1度の舞台を制作します。2010年の第1回公演「Mask」から数えて今回が第4回となり、初の東京公演を迎えます。毎回、公演を通してのテーマを持っており、今回のテーマは「ZERO」。ゼロからのスタート、ここから出発の意味でもあり、また失うものに怯えない強さも表したいと考えました。

なお、今年の3月18日(火)には、黒柳 徹子が司会を務めるテレビ朝日系列「徹子の部屋」にも出演し、ダンス界のみならず各界からの注目を浴びています。


■男性“だけの”ダンサー集団『PDA』初の東京公演
今回のPDA公演は24名のPDAメンバーである男性ダンサーに加え、新国立劇場からゲストとして山本 隆之、福岡 雄大、福田 圭吾を迎えて開催します。演目は、島崎 徹(ローザンヌ国際バレエコンクール審査員を務め、シルク・ドゥ・ソレイユ キャスティングパートナーでもある)、矢上 恵子(2008年ヴァルナ国際バレエコンクール振付賞2位受賞)、篠原 聖一(2006年文化庁芸術祭大賞受賞)の振付による3作品です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング