コンチネンタルタイヤ、AFCアジアカップ オーストラリア2015の独占タイヤパートナー兼公式スポンサーに就任

@Press / 2014年4月22日 11時0分

Asian Cup Trophy
コンチネンタルタイヤ(本社:ドイツ、ハノーバー市)は、アジアサッカー連盟(AFC)とスポンサー契約を締結し、AFCアジアカップ オーストラリア2015の公式スポンサーに就任することを発表致しました。


同社のアジア太平洋地域乗用車・小型トラック補修用タイヤ事業担当エグゼクティブバイスプレジデントであるAntonio Lopes de Seabraは「コンチネンタル社がアジア太平洋地域で国際的なスポンサー契約を締結するのは、今回が初めてとなります。この決定は、プレミアムタイヤブランド『コンチネンタルタイヤ』の世界共通のブランドポジショニングに基づくものであり、当社の同地域への深い貢献と、サッカーへの情熱を明確に示しています」と語っています。

コンチネンタルタイヤは、長年にわたって国際的なサッカー大会に深く関わってきました。2014年ブラジル大会で3回目となるFIFAワールドカップをはじめ、1995~2000年のUEFAチャンピオンズリーグ、UEFA EURO 2008(TM)、UEFA EURO 2012(TM)、さらにフランスで開催予定のUEFA EURO 2016(TM)のスポンサードや、最近では米国およびカナダのメジャーリーグサッカーのスポンサー契約の延長などがあげられます。

AFCアジアカップは1956年に始まり、当初は非常に小規模な大会でした。しかし、現在では地域最大のサッカー大会へと成長し、スリル、面白さ、組織力といった面でも、世界トップレベルの大会に引けを取らないものとなっています。また、マルチチャンネルの通信方式により、25億人もの視聴者に映像が届けられています。

2015年大会は1月9日から31日までオーストラリアで開催され、全世界の注目を集めることは確実です。予選には地域全体から46か国が参加し、世界の人口の過半数を代表して戦います。

同社のアジア太平洋地域乗用車・小型トラック補修用タイヤ事業担当マーケティングディレクターであるJing Wang - Winterは「サッカーは世界で最も競技者人口の多いスポーツであり、その数は特にアジアで急増しています。サッカーの試合は、当社がプレミアムタイヤブランドであることを全世界の観衆に示す理想的な舞台です。当社はアジアカップ2015の公式スポンサーとなることを喜ばしく思います。今回のスポンサー契約は、ブランド認知度の向上や、熱意あるプレミアムブランドというイメージの構築といった点で、アジア太平洋地域のすべての市場に恩恵をもたらすでしょう。」と語っています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング