- 4月29日「良い肉の日」 - ≪増税に負けない!鶏肉調理術!≫主婦のお悩みスッキリ解消!その秘訣は“漬け焼き”にアリ! ~お手頃価格、みんなの味方の鶏肉。パサつきがちな鶏肉をおいしく焼ける方法を紹介~

@Press / 2014年4月17日 12時0分

内食傾向調査
4月からの消費税増税で、外食よりも内食(ウチショク)で節約したいという主婦の声が増えてきました。牛肉を食べたいけど、今日は節約して、鶏肉に…なんてご家庭も多いはず。2013年話題となった“中心温度65℃焼き”を提唱し、一大ムーブメントを巻き起こした『肉焼き総研』では、そんな鶏肉をいつもよりおいしく、ジューシーにする秘伝の技、“漬け焼き”をご紹介いたします。


■増税対策は、やはり“食費”から!
 今後、「内食(ウチショク)」が増えること、必至!
損保ジャパン・ディー・アイ・ワイ生命保険が行ったアンケート調査によると、4月からの消費増税が家計や消費生活に影響があると考えている人は全体の88.2%にのぼりました。また、増税対策として食費の節約を意識している人のうち、6割以上が今後強化したいこととして「できるだけ家で料理を作って食べる」と回答するなど、外食をなるべく控え、内食を増やす傾向が浮き彫りとなりました。

・内食傾向調査
http://www.atpress.ne.jp/releases/45499/img_45499_1.jpg


■増税後は、安くてヘルシーな“鶏むね肉”が、食卓に急増!?
2014年2月のクックパッドが調査したアンケートによると、食費の節約のために活用したい食材として、「もやし」、「豆腐」、「鶏むね肉」が上がりました。
その理由として、価格が安定的かつ安く、料理のバリエーションが豊富な食材であることが考えられます。
また、鶏肉に関しては、2013年度の家計消費量が前年同期を9.7%上回っているなど、消費者の経済的志向を受けて消費が伸びています。(総務省調査)
鶏むね肉には、アンセリンとカルノシンというイミダゾールジペプチドが豊富に含まれており、抗酸化作用や抗疲労効果をもっています。(日本予防医療)

・食費の節約のために活用したい!食材ベスト5
http://www.atpress.ne.jp/releases/45499/img_45499_2.jpg


■6割以上の主婦が悩む!“鶏むね肉の悩み”、
 第一位は「加熱するとパサつく」こと!
鶏むね肉は、その疲労回復効果やヘルシーさから、注目が集まっている食材ですが、おいしく調理するのが難しい食材としても有名です。
サーモス株式会社が、20~60代の520名の主婦を対象にWebで調査したところ、主婦の約6割が、鶏むね肉に対する悩みとして、「加熱するとパサつく」ことを挙げており、パサつきがちな鶏肉を「美味しく、ジューシーに調理する」ことが、増税後の食卓を、節約しながらも華やかに保つキーワードと言えそうです。

@Press

トピックスRSS

ランキング