エンタープライズ領域へのオープンソースデータベースPostgreSQLの普及を推進する「PostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアム」の2013年度活動成果の公開

@Press / 2014年4月17日 13時0分

 2012年4月にエンタープライズ領域へのオープンソースデータベース「PostgreSQL」の普及推進を目的に10社の発起人企業(*)で発足した「PostgreSQL エンタープライズ・コンソーシアム(略称:PGECons)」では、2年目となる2013年度の活動成果を4月17日11:00に公開し、4月25日に活動成果発表会を開催します。

 幅広いPostgreSQLの導入実績を持つ発起人企業10社により活動を開始したPGEConsは、正会員16社(*)、一般会員27社(*)まで会員企業が増加しています。PGEConsの主な活動母体となる技術部会は、現在PostgreSQLの性能について検証などを行う「性能ワーキンググループ(性能WG)」と、データベースの移行の考慮点やその方法を検討する「移行ワーキンググループ(移行WG)」、データベース設計や運用について検討などを行う「設計運用ワーキンググループ(設計運用WG)」の3グループにて活動中ですが、4月17日にPGEConsのWebサイト(http://www.pgecons.org/)上で、この3つのワーキンググループの2013年度活動成果ドキュメントをCreative Commonsとして公開し、PostgreSQLをエンタープライズ領域で活用する企業向けに情報提供を開始します。また、4月25日に2013年度活動成果発表会としてセミナーを開催し、2013年度活動成果の詳細報告や、2014年度の年間活動計画について発表します。なお、本セミナーは5月16日に大阪でも開催します。

 * 発起人企業および正会員、一般会員については下記の「PGECons正会員
  および一般会員一覧(2014年4月17日現在)」をご参照ください。

■Webサイト
 http://www.pgecons.org/

■2013年度活動成果物

 性能WG
  最新のPostgreSQL9.3を対象としたマルチコア性能特性を観測、さらに
  PostgreSQLのパーティショニング手法を活用して大規模データを扱った場
  合や、ストレージデバイスにSSDを採用した場合の性能向上効果を検証

 移行WG
  マルチバイトデータを含むデータ移行を想定した調査の掘り下げを行い、
  ストアドプロシージャ移行は調査対象製品を拡大し、PostgreSQLへの移行
  における性能チューニングとバージョンアップ運用に関する調査を実施

@Press

トピックスRSS

ランキング