「Optimal Biz for Mobile」が佐賀県全県立高校の新入学生、約6,800人が使用する全ての学習用タブレット端末に標準搭載!

@Press / 2014年5月21日 11時30分

オプティム ロゴ
株式会社オプティム(佐賀本店:佐賀県佐賀市、東京本社:東京都港区、代表取締役社長:菅谷 俊二、以下 オプティム)は、3年連続国内シェアNo.1(※1) MDM(※2) 「Optimal Biz for Mobile」が佐賀県の「先進的ICT利活用教育推進事業」の学習用タブレット端末に使用される管理用ソフトウェアとして標準搭載されました。これにより、佐賀県全県立高校の新入学生、約6,800人が使用する全ての学習用Windowsタブレット端末に「Optimal Biz for Mobile」が導入されます。

Optimal Biz for Mobile製品ページ:
http://www.optim.co.jp/products/bizformobile


佐賀県が推進する「先進的ICT利活用教育推進事業」では、全国で初めての取り組みとして、全県立高校に対してWindows 8の端末を学習用タブレット端末として導入することが決定されました。導入される端末は教科書などと同様に1人1台の購入が必須となっています。この学習用タブレット端末は安心で安全な学校教育を受けるため、学校で利用する際および自宅で利用する際それぞれにおいてネットワークの設定を変更する必要があり、設定の変更を行わない場合はインターネットへの接続が行えなくなってしまいます。教育の現場においては先生方の指導のもと全学生のタブレットの設定を毎日変更することとなりますが、このままではICT利活用教育の最大の課題の一つである先生方への負荷増大に繋がってしまいます。

そこで、オプティムが保有する特許技術である「Zone Management」が注目・採用され、先生方の負荷低減が実現しました。「Zone Management」とは、場所(ゾーン)などの判別情報をもとにあらかじめ設定されている端末の設定を自動的に切り替えるオプティム独自の技術です。「Zone Management」を搭載している「Optimal Biz for Mobile」を利用することにより、学校と自宅という異なる場所(ゾーン)を判別し、学校にいる間は端末に対して学校のネットワーク設定(スクールモード)を適用します。適用された設定を生徒が変更しようとした際にも、学校内にいる間は「Optimal Biz for Mobile」が自動的に端末の設定をスクールモードに再設定するため、私物のネットワーク端末(スマートフォンによるテザリングやモバイルルーターの使用など)を利用しての意図しないインターネット使用の抑制が可能となります。また、生徒が学校外で端末を利用した際には「Optimal Biz for Mobile」が自動的にスクールモードの設定を解除するため(プライベートモード)、自由に端末の利用が可能になります。

@Press

トピックスRSS

ランキング