完全冗長電源とBCP向けオフィスを備えたデータセンター「マレーシア サイバージャヤ 4 データセンター」の提供開始について~ディザスタ・リカバリ対策やオフショア拠点の構築などを東京の半額以下で実現可能~

@Press / 2014年4月22日 15時0分

外観
 NTTコミュニケーションズ株式会社(略称:NTT Com)は、2014年4月23日に、マレーシアにおいて4番目となる「マレーシア サイバージャヤ 4 データセンター」の提供を開始します。
 本データセンターは、マレーシアの首都クアラルンプールの郊外にある総合開発地域マルチメディア・スーパーコリドーの中核都市サイバージャヤに位置しており、サーバールーム面積約3,900m2(1,000ラック相当)を提供します。
 NTT Comは、2015年度のクラウド/データセンター事業の収益を、2012年度実績の2倍以上の2,000億円以上にする計画のもと、アジアNo.1のデータセンター事業者として、先進のサービスをグローバルに拡充していきます。


1. 背景
 マレーシアでは、近年の内需拡大に基づく好調な経済成長に伴い、多くのグローバル企業が進出し、ローカル企業のICT投資も増加傾向にあります。また、地震や津波などの自然災害の影響が極めて少なく、政情も安定しており、電力料金や人件費が安価であることから、ディザスタ・リカバリ、ビジネスのアウトソーシングやオフショア拠点、そしてアジア地域のシステム集約先として、データセンターへの需要が増大しています。
 NTT Comは、マレーシアにおいて15年以上にわたり、ICT関連のトータルソリューションを提供しており、サイバージャヤ地区に現在3つのデータセンターが稼働しておりますが、お客さまからのさらなるご要望にお応えするため、新たなデータセンターの提供を開始します。

(別紙1)「マレーシア サイバージャヤ 4 データセンター」の外観
http://www.atpress.ne.jp/releases/45582/img_45582_1.jpg
(別紙2)アジア圏におけるNTT Comの主要なデータセンター拠点
http://www.atpress.ne.jp/releases/45582/img_45582_2.png

2. 概要・特長
 既存の「マレーシア サイバージャヤ 3 データセンター」に隣接する本データセンターは、データセンター専用設計の地上4階建てのサーバー棟と、5階建てのお客さま向け大規模オフィス棟を併設し、Nexcenter(*1)ブランドの下、「高品質」、「低コスト」、「柔軟性」を統合した次世代データセンターサービスの需要に応えていきます。本データセンターでは、コロケーションサービスだけでなく、Bizホスティング Enterprise Cloudと接続したハイブリッドサービスも提供していきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング