【「国民の決断」調査レポート2014 vol.1】「中古住宅購入」に関する調査を実施 ~中古住宅購入者の4人に1人が「新築・中古のこだわりがない」と回答~~6割がリフォーム/リノベーションを実施~

@Press / 2014年4月23日 13時0分

グラフ1
株式会社オールアバウト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:江幡 哲也)が運営する特設サイト「国民の決断」は、2014年第1弾のレポートとして「中古住宅」に関するアンケート調査を実施しました。調査期間は2014年3月26日(水)~4月2日(水)、首都圏(東京、埼玉、神奈川、千葉)在住の20~69歳男女のうち、ここ1~2年の間に中古住宅を購入した146人から有効回答を得ました。

近年、「就職」や「結婚」、「老後」など人生の大きな“決断”に関して、選択肢や条件が多様化・複雑化しており、“決断”そのものが困難になりつつあります。そういった背景を受けて、All Aboutでは2013年11月にその年を象徴する“決断”を、多数の専門家とともにランキング形式で発表するイベント「国民の決断アワード」を実施しました。
この度、その中でも総合ランキング4位となった住まい部門の「『中古でいい』から『中古がいい』へ」を踏まえて「中古住宅」に対する価値観を浮き彫りにするため調査を実施したところ、中古住宅購入の理由として4人に1人が「新築・中古にこだわりがない」と答えていました。これに対し、All About「賃貸・部屋探し」ガイドの上野 典行氏は、「新築神話一辺倒ではなく、購入者の志向の多様化が見られます」と述べています。

以降、「中古住宅」購入者の実態と、専門家の解説をご紹介します。


■「国民の決断」サイトのURL: http://allabout.co.jp/gm/gt/3444/


【調査サマリー】
1) 中古住宅購入者の6割が「集合住宅」を購入
中古を選んだ理由のうち、4人に1人が「新築・中古にこだわりがない」と回答
<上野氏コメント>
中古を選ぶ理由の第1位は価格。ところが、逆に言えば、4割の中古住宅購入者は、『中古の方がよりリーズナブルだったから』ではない理由を選択しているということです。この動きがとてもユニークですね。購入者の4分の1は、『もともと新築・中古にこだわりがない』と答えており、新築神話一辺倒ではなく、購入者の志向の多様化が見られます。

2) 中古住宅購入者の6割が「リフォーム/リノベーション」を実施
そのうち半数が「システムキッチンやタンク式トイレなど設備の変更」
<上野氏コメント>
注目すべきは、『システムキッチンやタンク式トイレなど設備の変更』は47.2%が実施しており、中古住宅をそのまま購入するだけでなく、設備変更をしている人が半数近いことがわかります。

@Press

トピックスRSS

ランキング