日本のモノづくりの現場を支えるMonotaRO、アシスト提供の「DataSpider Servista」、「InfiniDB」、「WebFOCUS」を採用〜社内にある大量データの「見える化」を推進、将来のデータ分析も視野に〜

@Press / 2014年4月30日 14時0分

 株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚 辰男、略記:アシスト)が提供するデータ連携ツール「DataSpider Servista」(開発元:株式会社アプレッソ)、DWH専用データベース「InfiniDB」(開発元:米InfiniDB, Incorporated)、BIプラットフォーム「WebFOCUS」(開発元:米Information Builders, Inc.)が、製造業、建設・工事業、自動車整備業等を対象に、整備工具や各種工事業関連用品の通信販売を展開する株式会社MonotaRO(本社:兵庫県尼崎市、代表執行役社長:鈴木 雅哉、略記:MonotaRO)のデータ分析基盤として採用されました。

 MonotaROは、特に少量多品種で購買が煩雑な産業用間接資材に着目し、インターネットやカタログの通信販売を通して、顧客の購買に係る経費削減を支援しています。現在同社での取扱製品数は700万点を超え、国内外からの買い付け品の他、プライベートブランドの開発、販売を精力的に行い、品質、価格にこだわった商品を効率的に購買できるプラットフォームを提供することで事業展開しています。

 同社では、基幹、マーケティング、物流、商品、コールセンターなど全社で取り扱う、約5テラバイト(TB)に及ぶデータを、戦略的な商品やサービスの開発、販売推進などに役立てるために、以前よりデータの分析や活用に力を入れてきました。これまではMySQLにデータを蓄積し参照するプログラムを独自で作成/使用していましたが、開発工数がかかり負荷が大きく、見たい情報がすぐに参照できないといった事象が発生しており、データの収集から、蓄積、そして検索、参照までを効率よく開発できる仕組みを模索していました。

 そこで同社では、開発生産性の高さやリアルタイムでの見える化、さらに将来性を鑑み、多くの他製品やソリューションを比較検討した結果、性能だけでなく、メンテナンスや運用コストなどを考慮してもバランスの取れていた「DataSpider Servista」、「InfiniDB」、「WebFOCUS」の導入を2014年4月に決定しました。

 今回MonotaROが「DataSpider Servista」、「InfiniDB」、「WebFOCUS」を採用した主な理由は以下の4点です。

 1.DataSpider Servistaはノンプログラミングでデータ連携処理部分を開発
  できるため、手作業による開発負荷が高かったデータ収集用のバッチプロ
  グラムを短期間で置き換えが可能。
 2.InfiniDBはMySQLをベースとしているため、特別な教育などが不要ですぐ
  に使用することが可能。また、将来的に分析用ツールを導入した場合で
  も、DWHとして利用が見込める。
 3.WebFOCUSとその自由検索機能のInfoAssistは情報の「見える化」のための
  開発効率が高く、UIを細かく設定可能。また、リアルタイムな情報閲覧に
  適しており、全社員で利用した場合もライセンスのコストパフォーマンス
  が高い。
 4.すべて情報活用分野に精通したアシストから導入できるため、ETL、DWH、
  BI製品の総合的なサポートを期待できる。

@Press

トピックスRSS

ランキング