SSP『AdStir(アドステア)』、2014年4月に月間250億アドインプレッションを突破

@Press / 2014年5月7日 16時0分

 ユナイテッド株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長CEO:早川与規、証券コード:2497)は、所有するSSP(※1)「AdStir(http://ad-stir.com/)」が2014年4月に月間250億アドインプレッション(※2)を突破したことをお知らせ致します。

 『AdStir』は、インターネットメディアの広告枠において、広告販売先の配分比率を最適化することで収益を最大化しつつ(Yield Optimize)、RTB(※3)広告の競争入札を利用する事で更に高い収益を得る事ができる、インターネットメディア向けの広告マネタイズプラットフォームです。

 2014年1月時点で200億だった月間インプレッションが、3ヶ月経った2014年4月に125%の月間250億インプレッションを突破、国内スマートフォン市場で最大規模のSSPに成長しています。

 RTB広告においては、他社に先駆けてオープン化を行い、接続先のDSP(※4)は、当社「Bypass(バイパス)」、マイクロアド社「MicroAd BLADE(ブレード)」、グリー社「GREE Ads DSP」、フリークアウト社「FreakOut」、ISMM設立準備社「Vantage(ヴァンテージ)」、スケールアウト社「ScaleOut」、グローバルではエムドットエム社「m dot m」と順調に増えており、2014年4月にはサイバーエージェント社「GameLogic(ゲームロジック)」と接続。国内外8つものDSPから入札を受けることが可能となり、今後もオープンプラットフォームとして、国内外のDSPとの接続に積極的に取り組んでまいります。

 当社では今後も拡大が見込まれるスマートフォンRTB広告市場において、国内ナンバーワンの地位を確固たるものにすべく、さらに成長を加速させてまいります。

(※1) SSP(Supply Side Platform, Sell Side Platform)とは
複数の広告案件を一元管理し、配信を最適化(イールドオプティマイズ機能など)する事で収益の最大化を狙う、サプライサイド(媒体側)の広告管理プラットフォームのこと。
(※2) アドインプレッションとは
Webサイトに掲載される広告の効果を計る指標の一つで、広告の露出(掲載)回数のこと。
(※3) RTB (Real Time Bidding)とは
RTB広告とは、広告の買い手(広告主)がDSPを使い、SSPを経由してメディア(媒体)の広告枠を入札形式でインプレッション毎に買い付けを行う広告技術のことであり、これにより広告の買い手(広告主)は効果に見合った最適な値付けを行うことで広告効果の向上を図ることができる。また、メディア(媒体)は最も高い入札を行った広告主へインプレッションを販売することができるため、飛躍的な広告収益の向上が期待できる。
(※4) DSP(Demand Side Platform)とは
設定した配信ロジックに従って、最適なユーザーへ広告を配信し広告効果の最大化を狙う、デマンドサイド(広告主側)の広告管理プラットフォームのこと。


■会社概要
ユナイテッド株式会社
本店所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-2-5 アライブ美竹
設立日:1998年2月20日
代表者:代表取締役会長CEO 早川 与規 (はやかわ とものり)
資本金:2,696百万円 ※2014年3月末現在
U R L:http://united.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング