パスロジ、数万ユーザにも対応した大規模向けモデル「PassLogicエンタープライズ・エディション」発表

@Press / 2014年5月8日 13時0分

PassLogic方式について
パスロジ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 秀治、以下 パスロジ)は、同社が提供する国産のワンタイムパスワード「PassLogic(パスロジック)」の、大規模向けモデル「PassLogicエンタープライズ・エディション」を5月8日付で発表します。


ネットワークの高速化とサーバハードウェアの高スペック化により、企業ではリモートアクセス環境を集約するなど、1案件あたりのユーザID数は増加する傾向にあります。
システムの集約に伴い、システム自体のスケーラビリティの飛躍的な向上に加えて、信頼性設計、大規模でもユーザ管理可能なシステムまた監査を強化した認証システムが求められています。

PassLogicエンタープライズ・エディションは、先進的企業が持つそれらの要求に応えるべく、従来の強固で使い勝手のよいPassLogic認証をそのままに、設計を一から見直し、大規模システム向けに刷新したエディションとなります。PassLogicエンタープライズ・エディションは、Active Directoryとのシームレスな連携、またPassLogic認証サーバ単体による冗長化構成を可能にします。
また、ソフトウェアトークン版の「Passlogyトークン」との連携により、PassLogic方式(知識)と時間同期方式(所有物)の2要素から生成される世界初のワンタイムパスワード技術「ハイブリッド認証」、フィッシング対策およびMITB(マン・イン・ザ・ブラウザ)攻撃対策も盛り込まれる予定です。これにより企業は、本人認証に関わるあらゆるセキュリティリスクを回避することが可能になります。

PassLogicエンタープライズ・エディションの販売開始は5月以降を予定しており、最小500ユーザ版からの提供となります。なお、20ユーザ版から購入可能なPassLogicについても開発・販売を継続いたします。

今回発表したPassLogicエンタープライズ・エディションは、5月、6月に開催される総合展示会において、発売前の新製品・新技術としてパスロジブースにて出展します。


■「第11回 情報セキュリティEXPO 春」
会期:2014年5月14日(水)~16日(金)
   10:00~18:00(16日[金]のみ17:00終了)
会場:東京ビッグサイト
主催:リード エグジビション ジャパン株式会社


■「Interop Tokyo 2014」
会期:2014年6月11日(水)~13日(金)
   10:00~18:00(11日[水]は10:30開始、13日[金]は17:00終了)
会場:幕張メッセ
主催:Interop Tokyo 実行委員会

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング