より手軽に、低価格でARコンテンツを活用できる!「いえみせ360°」~バーチャル物件内覧~サービス開始

@Press / 2014年7月22日 16時30分

不動産の広告・宣伝などのサービスを提供している株式会社ユニバーサル広告社(所在地:東京都豊島区、代表取締役:榎本 祐介)は、2014年7月22日(火)より、360°写真などをARコンテンツとして、物件情報を発信できるサービス「いえみせ360°」を提供開始いたしました。消費者は、物件広告の紙面に掲載したQRコードをスマホやタブレットの画面に映すだけで、物件のバーチャル内覧ができます。

なお、本サービスは、全住協ビジネスネットワーク(一般社団法人全国住宅産業協会の組織委員会)が運営する「ビジネスショップ」を利用して、公平かつ適正に運用することができます。さらには、全住協会員の企業様には会員特別価格にてご提供いたします。


[背景]
◆スマホの普及率がついに50%超!
 “いつでも、どこでも、手軽に情報収集”がキーポイント
電通総研「情報メディア白書2014」によれば、スマホ普及率が全国平均で50.8%と既に半数を超える水準であると発表されました。その要因には、ここ数年でWi-FiやLTEなどの高速通信環境が急速に整備されてきたことも挙げられています。

ARコンテンツの広告利用は、不動産業界においてもこれまで少なからず採用されてきましたが、高額な制作・運用費の問題だけでなく、通信環境の未発達、消費者サイドのスマホ・タブレット普及率が追いついていない面も否めなく、汎用化されるまでに至りませんでした。

「いえみせ360°」は、高速通信環境の発展とともに、スマホ・タブレットによる情報収集スタイルがいよいよ一般化されたことに加え、昨年10月にRICHOが発売した360°撮影ができるカメラ「THETA(シータ)」の先進的な技術を活用することにより、満を持して実現したサービスです。


[詳細]
「いえみせ360°」は、1シャッターで360°撮影ができるカメラ(RICHO THETA)で撮影した写真データをAR(Augmented Reality:現実環境にコンピュータを用いて情報を付加提示する技術)を活用して、消費者が自分のスマホやタブレットで手軽に見られるサービスをパッケージ化したものです。

具体的には、物件広告の紙面に掲載したQRコードをスマホやタブレットの専用アプリで読み込むことで、360°写真をはじめ、物件の間取りや地図(Google マップへのリンク)も表示できます。さらには物件を取り扱う不動産会社のホームページへのリンク、ダイレクトに問い合わせできるボタンまでが一括表示されます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング