ペンティオ、クラウドSSOサービス OneLoginでActive Directory連携を提供開始 ~パスワードなしでドメイン参加PCからクラウドサービスへログイン可能に~

@Press / 2014年5月13日 9時30分

OneLoginでActive Directory連携
ペンティオ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:長谷川 晴彦、以下 ペンティオ)は、OneLogin, Inc. が提供するクラウドアカウント管理とWebシングルサインオン・サービス「OneLogin(ワン・ログイン、以下 OneLogin)」のActive Directory連携サービス「Desktop SSO」を提供開始しました。


日本でも複数のクラウドサービスを利用する企業が増え、これら企業から「社内PCからクラウドサービスへのアクセスは、もっと簡単な操作でログインできないか」とリクエストがありました。そこで、ドメイン参加PCからはクラウドサービスにパスワードなしで自動的にログインできる機能「Desktop SSO」を提供開始しました。
OneLoginはMicrosoft Active Directoryのアイデンティティ情報を変更したら、OneLoginのリポジトリにも反映されるアイデンティティ情報の連携機能「AD Connector」を提供して、Active Directoryユーザー情報の自動反映はすでに実現しておりました。
今回はこれに加えて、ユーザーが社内Active Directoryにドメイン参加しているか即時確認をすることで、ユーザーのOneLoginへログイン認証を自動認可するDesktop SSO機能を実現しました。この機能は、あらかじめOneLoginサービスと社内Active Directoryと認証連携を設定するだけで実現します。その設定作業はわずか30分程度で終了します。

これにより、例えばMicrosoft Office 365などのSAML認証で利用するクラウドサービスへのログインは、ユーザーIDを入力してパスワードを入力せずにサービスにログインすることが可能になります。
もちろんこの時、Office 365はOneLoginに認証フェデレーションをおこない、OneLoginは社内のドメイン参加しているPCであるかどうかを社内Active Directoryに確認することで実現する認証連携であります。

本製品の詳細は http://www.pentio.com/onelogin/ をご覧下さい。
Active Directory認証連携の詳細は http://www.pentio.com/onelogin/support/ad_cooperation.html をご覧下さい。


■社外PCには高強度な二要素認証を併用
OneLoginには既に、Salesforce、Google Apps、Microsoft Office 365、Box、Yammer、Zendeskなど3,300の大手クラウドサービスへの接続設定が登録されています。これらクラウドサービスはSAML認証に対応しています。
社外からこれらサービスにログインする場合は、より厳格な認証が求められます。社外からクラウドサービスにアクセスしてログインするとSAML認証で設定された場合、OneLoginに認証フェデレーションされます。OneLoginでは社外環境にあるPCの認証には、OneLoginが提供するOneLogin証明書やOneLogin Mobile OTPなどの二要素認証を併用する高強度な認証を、Desktop SSOと同時に実現することができます。

OneLoginサービス 価格    月額 ¥650/人(Enterprise.jpライセンス)
OneLogin Desktop SSO 価格  サービス価格に含まれます
OneLogin AD Connector 価格 サービス価格に含まれます

当ニュースリリースは http://www.pentio.com/onelogin/news/2014_03.html をご覧下さい。


■シングルサインオン・サービス「OneLogin」とは
ペンティオが提供するOneLoginは、クラウドとオンプレミス両サイトのユーザー認証が可能な、クラウドアカウント管理とWebシングルサインオン・サービスです。法人企業を主な対象とするこのサービスは、ユーザー認証の社内・社外の利便性と、IT管理者の管理工数削減に大きく貢献します。ユーザーは、Windows・Mac・iPad・iPhoneなど多くのプラットフォームで利用することができます。また、本人認証としてIDとパスワードに加えてスマートフォンOTPやUSBトークン/ICカードを活用することもできます。クラウドアカウント管理は、企業内のActive Directory/LDAPのユーザー情報をOneLoginディレクトリに反映することができます。IT管理者は、各アプリのIDとパスワードをユーザー本人に伝えることなくアクセス権を提供する事が可能です。


■SAML認証の現状
すでに主要なクラウドサービスではSAML認証に対応しております。OneLoginにログイン認証をおこなえば連携サイトにはパスワードなしで強固なSAML認証で接続することができます。代表的なサービスは、Google Apps、Salesforce、Dropbox for Business、Zohoなどです。今後、日本語サイトにおいてもSAML認証サイトが増えていくことが予見されています。
SAML認証方式での連携をご希望のサービス事業者様には、SAML連携を実現するためのSAML Toolkitをご提供することが可能です。ペンティオまでご要望ください。


■OneLoginでご利用いただける日本語サイトについて
「OneLogin」で利用可能なサイトはペンティオWebサイト( http://www.pentio.com/onelogin/apps/ )でご覧いただけます。ご利用の日本語WebサイトとWebアプリケーションサービスが掲載されていることをご確認ください。もし一覧に含まれていない場合は、ペンティオまでご要望ください。


■OneLogin, Inc.について
OneLoginは、企業向けID管理における先駆者であり、クラウドとオンプレミスのどちらにも通用する、業界で最も総合的なID管理ソリューションを提供しています。
OneLoginはNetwork World Magazine誌のSSOツールレビューで第1位を獲得しました。OneLoginのクラウドアイデンティティ管理は、Active DirectoryやLDAPなど多くの共通のディレクトリと連携します。これによりセキュアなシングルサインオン、多要素認証、ユーザープロビジョニングを提供します。
OneLoginは今日の企業によって使用される3,300以上のアプリケーションが登録されています。SAML対応したMicrosoft Office 365、Asure Software、Coupa、Box、Clarizen、DocuSign、Egnyte、EchoSign、Google Apps、Innotas、LotusLive、NetSuite、Oracle CRM On Demand、Parature、Salesforce.com、SuccessFactors、WebEx、Workday、Yammer、ServiceNow、Zscaler、Zendeskなどに対応しています。
OneLoginは、投資会社Charles River Venturesからの参画を得ています。
http://www.onelogin.com


■ペンティオ株式会社について
ペンティオ株式会社は、クラウドSSO「OneLogin」、USBトークン/ICカードでの認証ソリューション提供を行っている企業です。スマートフォンOTP、USBトークンやスマートカードなどの認証デバイスと組み合わせた認証ソリューションを官公庁、自治体、医療機関、教育機関、および大手企業など、数多くのお客さまに積極的に展開しています。
OneLogin, Inc. は、米国カリフォルニア州サンフランシスコから米国・英国など世界35カ国でサービスを展開しております。AAA、Gensler、Netflix、News International、Pandora、Steelcase and PBSをはじめ700社1,200万ライセンスを既に提供しております。これまで、英語圏であるアメリカ・英国・オーストラリアを中心にサービスを提供してまいりましたが、日本市場拡大を予見して、ペンティオとパートナーシップを結び展開していきます。
ペンティオは、日本のクラウドをOneLoginと連携できるよう協力し、日本の主要WebサービスやSaaSサービスをOneLoginですぐに利用できるようにアクセス設定構築を支援する業務も担当します。

社名   : ペンティオ株式会社
本社所在地: 〒160-0022 東京都新宿区新宿5-10-1 第2スカイビル801
代表者  : 代表取締役 長谷川 晴彦
URL    : http://www.pentio.com/onelogin/


*記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング