ペンティオ、クラウドSSOサービス OneLoginでActive Directory連携を提供開始 ~パスワードなしでドメイン参加PCからクラウドサービスへログイン可能に~

@Press / 2014年5月13日 9時30分

OneLoginでActive Directory連携
ペンティオ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:長谷川 晴彦、以下 ペンティオ)は、OneLogin, Inc. が提供するクラウドアカウント管理とWebシングルサインオン・サービス「OneLogin(ワン・ログイン、以下 OneLogin)」のActive Directory連携サービス「Desktop SSO」を提供開始しました。


日本でも複数のクラウドサービスを利用する企業が増え、これら企業から「社内PCからクラウドサービスへのアクセスは、もっと簡単な操作でログインできないか」とリクエストがありました。そこで、ドメイン参加PCからはクラウドサービスにパスワードなしで自動的にログインできる機能「Desktop SSO」を提供開始しました。
OneLoginはMicrosoft Active Directoryのアイデンティティ情報を変更したら、OneLoginのリポジトリにも反映されるアイデンティティ情報の連携機能「AD Connector」を提供して、Active Directoryユーザー情報の自動反映はすでに実現しておりました。
今回はこれに加えて、ユーザーが社内Active Directoryにドメイン参加しているか即時確認をすることで、ユーザーのOneLoginへログイン認証を自動認可するDesktop SSO機能を実現しました。この機能は、あらかじめOneLoginサービスと社内Active Directoryと認証連携を設定するだけで実現します。その設定作業はわずか30分程度で終了します。

これにより、例えばMicrosoft Office 365などのSAML認証で利用するクラウドサービスへのログインは、ユーザーIDを入力してパスワードを入力せずにサービスにログインすることが可能になります。
もちろんこの時、Office 365はOneLoginに認証フェデレーションをおこない、OneLoginは社内のドメイン参加しているPCであるかどうかを社内Active Directoryに確認することで実現する認証連携であります。

本製品の詳細は http://www.pentio.com/onelogin/ をご覧下さい。
Active Directory認証連携の詳細は http://www.pentio.com/onelogin/support/ad_cooperation.html をご覧下さい。

@Press

トピックスRSS

ランキング