ユビキタス社、高速起動ソリューション「Ubiquitous QuickBoot」のAndroid対応を強化

@Press / 2014年5月13日 11時30分

「Androidモード」と「Androidスタティックモード・プラス」の比較
株式会社ユビキタス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐野 勝大、以下 ユビキタス社)は、高速起動ソリューション「Ubiquitous QuickBoot(TM)」(以下 QuickBoot)のAndroid向け追加パッケージの最新版Android Pack Release 2.0(以下 Android Pack 2.0)を、2014年6月下旬より提供開始することを発表します。

ユビキタス社は、2010年11月よりAndroid搭載の組込み機器向けにQuickBootを利用して高速起動を実現する追加パッケージAndroid Packを提供してまいりました。Android Packでは、従来サポートしているスタティックモード、ダイナミックモードの2つの起動モードに加え、Android向け起動モードとして「Androidモード」を提供し、通常起動した場合と変わらない使い勝手で、ユーザーの利便性をまったく損なわずにAndroidの高速起動を実現してきました。今回、開発したAndroid Pack 2.0では、従来サポートしている起動モード「Androidモード」に加え、「Androidスタティックモード・プラス」を追加サポートしています。

従来のスタティックモードは、工場出荷時のスナップショットイメージから常に起動させる起動モードで、Linux搭載の組込み機器向けに最適な起動モードです。このスタティックモードをAndroid搭載の組込み機器に適用した場合、運用中にAndroidアプリケーションを追加インストールすることはできず、追加したいAndroidアプリケーションをインストールした状態で新たにスナップショットイメージを作成し、そのスナップショットイメージを含むファームウェアを既存のものと丸ごと置き換えることで対応する必要がありました。

今回追加サポートした「Androidスタティックモード・プラス」は、従来サポートしているスタティックモードでの起動に加えて、運用中にAndroidアプリケーションのパッケージ単位でのインストール/アップデート/削除に対応しています。「Androidスタティックモード・プラス」は、アプリケーションの対応が必要な点はあるものの「Androidモード」ではカバーできない、さらなる高速起動が必要なAndroid搭載の組込み機器を開発するユーザー向けの起動モードです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング