実践クラウド、日本初タグ型二要素認証『JISSENスマートオース』をリリース 今年度内1,000社導入を目指す

@Press / 2014年5月13日 15時0分

タグを一行貼るだけで導入
 株式会社実践クラウド(本社:東京都多摩市、代表取締役:久光 英太)は、日本初となるJavascriptコード(以下、タグ)を一行貼るだけで電話認証の仕組みが導入出来るクラウドソリューション『JISSENスマートオース』をリリース致しました。このソリューションを活用することで、これまで開発が必要とされた携帯電話を用いた二要素認証を簡単且つ低価格で導入出来るようになります。

『JISSENスマートオース』: http://www.jissen-cl.co.jp/smartauth


【リリース経緯】
 オンラインサービスの急速な普及に伴い、セキュリティリスクも日々高まっています。一方、ID・パスワードだけの従来型認証の場合「他人に推測されやすい」「ウィルス感染で漏洩してしまう」「総当たりで解読されてしまう」「なりすましが容易」等リスクを抑えきれないことが明らかになってきています。
 こうした流れを受けて、多くのオンラインサービスで現在「二要素認証」という仕組みが導入され始めています。「二要素認証」とは、メール等の他に指紋や電話、USBトークンやスマートカード等、容易に複製しにくい別の要素を組み合わせることでセキュリティ強度を高める認証方式で、オンラインサービスにおいては携帯電話を組み合わせるものが多く利用されています。
 しかし、現状では導入時にシステム開発が必要となる等、コストならびにリソース面において障壁が高く、結果として多くの企業で未だ検討が進められていないと考えます。こうした状況を踏まえ当社では、タグを一行貼るだけで二要素認証が導入出来るソリューション『JISSENスマートオース』を開発・リリースすることとなりました。尚、本ソリューションは2014年4月9日に開催された、株式会社KDDIウェブコミュニケーションズが提供するクラウド電話API「Twilio」主催のコンテスト「Smart Communication Award 2014」にて最優秀賞を受賞したシステムをベースに開発されています。


【本ソリューションと従来のソリューションとの違い】
 従来のソリューションと違い本ソリューションはタグを一行貼るだけで導入することが可能である為、導入時の開発コスト等を抑えることが出来ます。またタグマネジメントツールやデータベース等との連携によって、指定条件時のみ二要素認証を行う等様々なシーンで柔軟に活用することが出来ます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング