工数管理・プロジェクト管理ツール「TimeTracker FX 3.7」を販売開始~ブラウザからの工数入力を実現したWeb Editionを新規に搭載~

@Press / 2014年5月29日 15時0分

TimeTracker FX 3.7
 株式会社デンソークリエイト(本社:名古屋市中区、代表取締役社長:林 修吉)は、工数管理・プロジェクト管理ツール「TimeTracker FX 3.7」の販売を2014年5月29日に開始します。これと同時に、すべての機能が90日間利用可能な無料評価版の提供も開始します。


 TimeTracker FXは、プロジェクト・工程・業務の可視化や改善のためのツールとして、トヨタ生産方式などの生産現場における作業時間計測と、「見える化」によって生産性を向上させる手法を参考に開発した製品です。一般的な「管理者が管理のために使用するツール」にとどまらず、メンバー全員で使用することで業務の可視化などに効果を発揮し、改善活動を強力にサポートする「現場のためのツール」です。誰でも簡単に使用できるドラッグ&ドロップ中心の操作性、入力したスケジュールや工数データをグラフなどで「見える化」する機能、Excel帳票やMicrosoft Projectとの連携など、現場で実際に利用するユーザーの使いやすさを追求しています。

 最新版の「TimeTracker FX 3.7」では、Webブラウザから工数が入力できる「Web Edition」を新規に搭載しました。Webアプリケーションでありながら、ドラッグ&ドロップによる工数入力という直感的な操作感と軽快な動作を実現しています。デザインにも妥協せず、毎日使いたくなるようなツールになっています。Webブラウザさえあれば、出先や街中のカフェ、あるいは海外からでも工数データが入力できます。WindowsだけでなくMacやiPadにも対応しています。このWeb Editionにより、機種や場所を問わず工数入力がご利用可能になります。
 また、スケジューラから予定表の情報をインポートして工数入力に活用できる「予定インポート」機能について、従来のMicrosoft OutlookとLotus Notesに加え、新たにグループウェア市場シェアNo.1(*1)のサイボウズ(Office / ガルーン)にも対応しました。これで市場シェア上位3製品(*1)に対応することになり、いっそう幅広い方にご利用いただけるようになりました。

 TimeTracker FXは2004年の発売以来、大手製造業の設計・開発部門や設備設計などの生産技術部門、情報サービス業のソフトウェア開発やシステム開発部門、人事・総務・経理などの事務部門、サポート・コンサルティングなどのサービス部門など、業界・業種・部署を問わずご利用いただいています。45,000ユーザーを超える導入実績があり、プロジェクト管理ツール分野としては売上高国産No.1(*2)のパッケージソフトに成長しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング