ダイナック×女子栄養大学の初コラボ!現役女子大生60人が考えたランチメニューを5月19日から販売 “半日分の野菜が摂取できるパスタ”などを首都圏11店舗にて

@Press / 2014年5月14日 11時30分

TOPイメージ
「食の楽しさをダイナミックにクリエイトする」をコンセプトに、関東・関西でレストラン・バーなどを249店舗経営するサントリーグループ 株式会社ダイナック(本社:東京都新宿区新宿1-8-1、代表取締役社長:若杉 和正)は、女子栄養大学(所在地:埼玉県坂戸市千代田3-9-21、学長:香川 芳子)の現役女子大生約60名とコラボして、『野菜を効率よく摂取できるランチメニュー』を開発いたしました。2014年5月19日(月)から期間限定で、イタリアンレストラン「パパミラノ」を中心に、関東エリア全11店舗にて販売いたします。

企業と大学がコラボして商品開発などを行うことで、ヒット商品誕生や高い話題性があることから、最近、こうした取り組みが増えています(※1)。当社における大学とコラボは、2013年4月26日にオープンした『近大卒の魚と紀州の恵み 近畿大学水産研究所』での業務受託の実績がありますが、今回のように現役大学生と共同してメニュー開発するのは、初となります。

(※1) 文部科学省は、平成24年度の大学等における産学連携等実施状況について、民間企業との「共同研究実施件数」は16,925件となり、前年度に比べて623件増加していると公表しています。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/sangaku/1342314.htm


[TOPイメージ]
http://www.atpress.ne.jp/releases/46313/img_46313_1.jpg

◆「女子栄養大学」とコラボした目的◆
2013年夏、女子栄養大学からコラボ企画のご提案がありスタート。目的は学生の現場体験の一環として、大学で学んだ専門知識を当社の持つ多業態多店舗を通じ、広く社会に還元するため。一方、当社においては、大学の専門的な知識のアドバイスを受けながら、時代のニーズに応えるヘルシーメニューや現役女子大生の意見を取り入れた、今までにない発想のメニューの開発をするためです。


◆商品開発までの経緯◆
今回参加した学生は、調理学や栄養学の基礎を学ぶ大学生60名。まず、学生が「パパミラノ」の店舗調査を行い、女性の視点から課題を見つけ、「野菜を効率よく摂取できるランチメニュー」を考案。次に「パパミラノ」の営業担当・調理担当をはじめ、女性管理職を加えた8名が本プロジェクトに関わり、女子栄養大学助教である管理栄養士の浅尾 貴子先生と共に、10回のミーティングやプレゼンテーション、試作・試食を繰り返すなど試行錯誤の末、商品化に至りました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング