スマホで告白応援!iPhone用アプリ『sakura』、5月23日「恋文の日」にリリース

@Press / 2014年5月20日 11時0分

説明画面_概要
株式会社EAST OWL(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:森上 航平)は、iPhone用アプリケーションとして、想いを伝えたいけど伝えられない、という人の告白を応援する『sakura(サクラ)』を、恋文の日である2014年5月23日にリリースいたします。

『sakura』App Store
https://itunes.apple.com/us/app/sakura-anatano-gao-baiwo-ying/id871735938?l=ja&ls=1&mt=8


■『sakura』の特長
告白応援アプリ『sakura』は、「相手に届くか届かないか」わからない、ランダムにメッセージ送信をするアプリです。
届くかわからないからこそ、少しの勇気で、天に運を任して意中の相手にメッセージを送ることができます。

「あのときはありがとう。」「今度デートに付き合ってくれませんか?」「あなたのことが好きです。」
そんな気持ちを伝えたい。でも伝えられない。あと一押しなんだけど決意できない。『sakura』はそんな人の背中を、「相手に届くかわからない」という要素で、ほんの少しだけ後押しします。


■『sakura』の機能説明
意中の相手にメッセージを書いて、送信ボタンを押すだけ。あとは『sakura』に任せて待つだけです。
相手に届くか届かないか、相手にいつ届くかはランダムになっています。(相手に届く場合は、送信時から48時間以内のどこかの時点でメッセージが送られます)
送信ボタンを押してから48時間で、相手にメッセージが届いている確率が変化していきます。(その確率はアプリ上で確認できます)
また、『sakura』をインストールしていない相手にもメッセージを届けることができます。


■『sakura』開発の背景
伝えたい想いがある。伝えようとしたこともある。でも、あと一押しの勇気が足りず、伝えられなかった。誰しも、このような経験があるのではないでしょうか。

「想いが実る、実らない」にかかわらず、「想いを伝える、伝えられる」ことで、生まれるものは多く、それはとても貴いものであると当社は考えます。

そこで、想いを伝えたいけど伝えられない人の背中を、当社が得意とするITの力でほんの少しでも後押しできないものかと考え、告白応援アプリ『sakura』を開発するに至りました。


■『sakura』のリリース日について
『sakura』は想いをこめた恋文を送るアプリです。
「恋文」にちなみ、「恋文の日」である5月23日(「こいぶみ」の語呂あわせ、映画『ラブ・レター(森崎東監督:1998)』の公開初日)にリリースすることとしました。


■『sakura』の概要
名称     : sakura
リリース開始日: 2014年5月23日(恋文の日)
対応端末   : iPhone
対応バージョン: iOS7.0以上
販売料金   : 無料
紹介サイト  : http://sakurapp.com
App Store   : https://itunes.apple.com/us/app/sakura-anatano-gao-baiwo-ying/id871735938?l=ja&ls=1&mt=8


■会社概要
社名  : 株式会社EAST OWL
所在地 : 〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル 2階
代表者名: 代表取締役社長 森上 航平
設立  : 2013年8月23日
事業内容: web・スマートフォン向けアプリケーション開発
資本金 : 1,000万円
URL   : http://eastowl.co.jp

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

説明画面_手紙 説明画面_送信 説明画面_着地

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング