アメリカ生まれの“歌う”小鳥ロボット、発売前に情報解禁!小鳥が入った謎の箱に、猫はどんな反応を示すのか?特設サイトで動画公開

@Press / 2014年5月20日 12時0分

動画キャプチャ
国内玩具メーカーの株式会社ジョイパレット(東京都文京区、代表取締役社長:杉浦 太郎)は、6月4日に小鳥型ロボットの新製品を発表いたします。これに先立ち、特設サイトにて製品の情報を動画で一部公開。動画をヒントに本製品のシルエットを当てるクイズキャンペーンを行っています。

【一部情報解禁!「新型小鳥ロボット」紹介動画】
特設サイト: https://www.joypalette.co.jp/tenorichuchu/nazo.html


■アメリカから来た“歌う”謎の小鳥ロボットについて
この度発売する新製品は、体長約8cmの小鳥型ロボットで、奇抜な動きとデザインが特徴です。単体で歌う機能と、2羽以上で合唱する機能、スマートフォンを使ったWebサイトとの連動機能を備えています。アメリカの「ニューヨークトイフェア2014」で話題を呼び、国内でも、小学生や20代OLを対象に行った事前のリサーチでは「かわいい」「リアル」「色が独特」といった高評価を得ております。
日本では当社より7月15日に発売、アメリカでも同時期に発売される予定(米国販売目標100万個)です。

○謎の小鳥ロボットの仕様
・体長:約8cm
・バッテリー:LR44×3個
・機能:さえずる・うたう・合唱・Webサイト連動
・ポイント:付属シールでデコることができオリジナルの小鳥にすることもできる


■特設動画サイトで一部情報解禁!
特設サイトでは、本製品が入った“謎の箱”が登場。小鳥ロボットの特徴である奇抜な「色」と可愛い羽のデザインが描かれている箱から、小鳥のしっぽを少しだけ見ることができます。
また、その箱を子ども、OL、猫が見ている動画を公開。その反応から、謎の小鳥ロボットの正体を想像してお楽しみいただけます。
更に、短編動画では、小鳥ロボットの特徴である首とくちばしの動きや子どもがシールでデコっている様子、スマホを使ってWebサイトと連携させている様子を公開しています。

謎の小鳥ロボットの正体は、6月4日の新製品発表会と同時に特設サイト上で公開いたします。


【小鳥ロボットの正体を当てよう!シルエットクイズ実施中】
特設サイトの動画をヒントに、小鳥のシルエットを当てるクイズを実施中です。

キャンペーン実施期間:5月20日(火)~6月3日(火)
参加条件:Twitterアカウントをお持ちの方

<クイズ参加方法>
下記の特設サイトから、正解だと思うシルエットを選んでクリック。Twitterに移動しますので、そのままツイートボタンを押して投稿すれば参加完了です。

特設サイト: https://www.joypalette.co.jp/tenorichuchu/nazo.html


■会社概要
社名  :株式会社ジョイパレット
代表者 :代表取締役社長 杉浦 太郎
所在地 :東京都台東区駒形一丁目3番16号 駒形プラザビル6階
事業内容:玩具、自転車、ショッピングカートの企画・製造・販売

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング