医師が処方するコスメ、興味はあっても約8割が買い方を知らないと回答 - シロノクリニック、クリニカルコスメに関する意識調査を実施 -

@Press / 2014年5月22日 11時0分

回答結果その1
開院20年目となる“主にアンチエイジング美容皮膚科事業を展開し、2010年に日本初のたるみ専門外来を開設した”医療法人社団シーズ・メディカルグループ シロノクリニック(理事長:城野 親徳、所在地:東京都渋谷区)は、現在流行している「ドクターズコスメ」と「クリニカルコスメ」に関するアンケート調査を2014年3月に行い興味深い結果が出ましたため、これをご報告いたします。


■最近よく耳にする「ドクターズコスメ」「クリニカルコスメ」とは?
コスメと言えば「化粧品会社」というイメージが本来の姿でありましたが、この15年の間にその姿は大きく変化し、コスメの領域に「医師」が関わる商品が多数誕生するようになりました。「自分の肌に合ったコスメ」を探す女性が増える中で、ドクターズコスメやクリニカルコスメが流行しています。しかしながら、これらのコスメが本当はどういうものなのか、何が違うのかわからない、という方も多くいらっしゃいます。
ドクターズコスメは、一般的に、医師が開発に関わったとされる市販のコスメを指します。市販品のため、気軽に購入できるのが利点ですが、成分やその濃度には制限があります。一方、クリニカルコスメは医師が開発しクリニックで処方されるコスメのことで、市販はされていません。医師の処方に基づくため、市販品よりも濃度や成分を多く配合することが可能で、症状を改善、解消していくことを目的として開発されています。ただし購入にあたってはクリニックを受診していただく必要があります。


■ドクターズコスメとクリニカルコスメに関するアンケート調査より
<本気で自分の肌に合った化粧品を探していますか?>
単刀直入に各世代の女性に伺ってみました。すると、本気度の高い女性が7割以上とわかりました。やはり、「自分の肌に合った化粧品」を見つけたい女性がその殆どであり、まだ迷っている方が多いということがわかります。
このニーズを100%満足させるためには、やはり専門家に相談し、正しい選択がなされ、ご本人の求める結果へ導くことが重要です。

画像1:本気で自分の肌にあった化粧品を探していますか? 回答結果
http://www.atpress.ne.jp/releases/46499/img_46499_1.jpg

<クリニカルコスメを使ってみたいという女性が7割という結果に>
シミに効く、シワやたるみに効く、ニキビに効くならクリニック処方のコスメを使ってみたいと思いますか?という3種類の質問を投げかけたところ、平均して7割の女性が「はい」と回答。
さらに、「電車を使って出掛けてでも行きたい」という方が二人に一人いることが判明し、ドクターズコスメやクリニカルコスメの流行を裏付ける結果となりました。

@Press

トピックスRSS

ランキング