~ペーパーレス会議システム「スマートセッション」にBYOD対応や共有フォルダ参照、資料自動配布など多数のオプションを追加~会議のみではないマルチな利用が可能に

@Press / 2014年5月20日 15時0分

ライブラリオプション
日本インフォメーション株式会社(本社:名古屋市千種区今池、代表取締役社長:加藤 和親)はペーパーレス会議システム「スマートセッション」に多数のオプションを追加し、会議のみならず、ドキュメント管理等様々な用途に利用可能となりました。


1. Active Directory連携(LDAP連携)
Active Directoryとスマートセッションのユーザ認証を連携します。スマートセッション内でユーザ管理が不要となるため管理者の手間が軽減します。


2. ゲストチケット
許可されたユーザに対して、ゲストチケットを発行することでBYODなど個人端末を利用して会議に参加出来るようになります。従来の端末に配布・保存するチケットと異なり、ログアウト時にはチケットを自動回収しますので、利用の自由度が広がります。また、従来型のチケットと混在利用することも可能です。


3. メール送信機能
個人的にメモ書きを行った会議資料をサーバ経由で自動的にメール配布が可能です。従来、メモ書き資料は社内ネットワーク内のMyFolder(サーバの個人別領域)に保存していましたが、メール送信の許可されたユーザは、会議終了時に指定メールアドレスに資料を暗号化して送付することが出来ます。これにより社外メンバーが会議に参加した時の資料配布や、セミナー・研修等での資料配布が可能となります。


4. 投票・採決機能
会議中・研修中に採決やアンケートをとることが可能となります。会議中・研修中に投票機能を利用することで事前に登録しておいた設問を各端末にポップアップ表示し、回答を求めたり、その場で端末を利用して問題を作成・出題し、集計結果を共有したりすることが可能です。


5. ライブラリ機能
ネットワーク上の共有フォルダをスマートセッションに登録することで、端末から共有フォルダの参照が可能となります。共有フォルダに資料を入れるだけで、スマートセッション端末から直接参照することが出来、会議室にアップロードすることなく会議中でも共有フォルダの資料を参照することが可能です。
また、端末がサーバにログインする時に、端末にダウンロードしてある資料と共有フォルダにアップロードされている資料との差分をとり、自動同期することで、端末内の資料をつねに最新状態にすることが可能です。営業や作業者が持ち歩く端末内に、常に最新のカタログやマニュアルを保存し、オフラインで利用することが出来ます。


◆製品情報
「スマートセッション」
http://prodev.nicnet.jp/smartsession/


◆展示会出展情報
主催者 :リードエグジビションジャパン株式会社
展示会名:第5回教育ITソリューションEXPO(EDIX)
日程  :2014年5月21日(水)~2014年5月23日(金) 10:00~18:00
場所  :東京ビッグサイト
小間位置:東2ホール 12-12


■会社概要
商号  : 日本インフォメーション株式会社
代表者 : 代表取締役社長 加藤 和親
所在地 : 〒464-0850 名古屋市千種区今池一丁目8番8号 今池ガスビル6F
設立  : 1974年3月
事業内容: ソフトウェア開発、販売
資本金 : 4億1,020万円
URL   : http://www.nicnet.co.jp/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

メール送信オプション投票・採決オプション

@Press

トピックスRSS

ランキング