SHARE THE LOVE for JAPAN 2014年TRUCK STORE を始動 東京朝市アースデイに出店。支援有機農家の野菜を販売 5月25日(日) 代々木公園けやき並木(渋谷区代々木神園町2-1)

@Press / 2014年5月21日 15時30分

TRUCK STORE
 サンタフェ ナチュラルタバコ ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:東 智徳)は、CSR活動として取り組む大地にやさしい農業の応援プロジェクト「SHARE THE LOVE for JAPAN」の活動として、移動販売車「TRUCK STORE」による支援有機農家の野菜販売を開始します。第1回は、5月25日(日) 東京朝市アースデイマーケットへの出店を皮切りに、年間を通じて5回程度の活動を行います。


 SHARE THE LOVE for JAPANは、2011年より被災有機農家の支援を目的にプロジェクトを開始し、2014年より「大地にやさしい農業の応援」をテーマに有機農家支援活動や若手農家の自立支援をはじめとした様々な活動を行っています。
移動販売車を使った「TRUCK STORE」では、支援している若手農家や被災有機農家の方々が収穫した大地にやさしい野菜を試食・販売するとともに、消費者の皆さまと有機農家や有機野菜を知っていただく機会を提供いたします。これによって有機野菜のおいしさや有機農業の魅力が伝わっていくことを期待しています。


<第1回実施概要>
■日時  :5月25日(日) 10:00~16:00
■会場  :東京朝市アースデイマーケット
      代々木公園けやき並木(渋谷区代々木神園町2-1)
■実施内容:
・支援する有機農家の野菜販売(ルッコラ・ほうれん草・にんじん・大根・ブロッコリー・絹さや・グリンピースなど)
・間伐材で制作されたお皿・団扇などの販売
・オリジナル土窯を使った焼き野菜の試食(調理師からの調理指導あり)
※アースデイの他の出店舗で購入された野菜も焼いてお楽しみいただけます。


■SHARE THE LOVE for JAPANについて
 SHARE THE LOVE for JAPANとは、“大地にやさしい農業”に取り組む農家の想いを伝え、応援する活動。“大地にやさしい農業”に取り組む方の想いを知っていただき、“大地にやさしい農業”の実践者や地球環境に配慮した選択をされる方を増やし、大地を次の世代に受け継いでいくことを願うサンタフェ ナチュラルタバコ ジャパンのプロジェクト。
 主な活動として、有機農家支援活動・若手農家の自立支援・TRUCK STOREに加えて、大地にやさしい農業に賭ける農家の想いを紹介するWEBサイトがある。
・サイトURL https://amespi.jp/stl/


■TRUCK STORE
 サンタフェ ナチュラル タバコジャパンの社員自身で塗装を仕上げたオリジナル移動販売車。
トラックのコンセプトは、「自然にも人にもあたたかい」。車体はリユースの観点から、中古車を使用。また、ガソリンではなく、環境のことを考えてバイオディーゼル燃料で走行。(バイオディーゼル燃料は、化石燃料である軽油の代替燃料として、ディーゼルエンジンに使用できる燃料)


■サンタフェ ナチュラルタバコ ジャパンについて
 添加物を一切加えないタバコの販売を行うサンタフェ ナチュラルタバコ社(本社:米国)の日本法人。日本国内では「ナチュラル アメリカン スピリット」のブランドで10種類のタバコの輸入・販売を行う。
1996年日本での販売開始、2007年3月日本法人設立、2010年5月現社名に変更。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング