ボッテガ・ヴェネタ、伊勢丹新宿店にて“THE COLORS OF BOTTEGA VENETA”を開催

@Press / 2014年5月22日 17時0分

画像1
この春、ボッテガ・ヴェネタは日本を代表する高級百貨店の伊勢丹と再びコラボレーションを行います。“The Colors of Bottega Veneta”は伊勢丹の旗艦店である新宿店を舞台に、魅力的な色に満ちあふれた世界を展開します。ボッテガ・ヴェネタのデザインにおいて最も大事な要素であり、あらゆるコレクションの起点となる「色」を独創的な形で際立たせる今回のイベントは、ご来店されたお客様にとってユニークな体験ができる機会となるでしょう。“The Colors of Bottega Veneta”では特別なインスタレーションやひときわ目を引くディスプレイを展開すると共に、ウィメンズのアーリーフォール・コレクションを伊勢丹新宿店で国内先行販売いたします。


“The Colors of Bottega Veneta”は5月28日からスタートいたします。ボッテガ・ヴェネタの世界への旅は店内に足を踏み入れる前から始まり、15面のウィンドウディスプレイが今回のコラボレーションを鮮やかに彩ります。今年初めから日本および、世界各地のボッテガ・ヴェネタのブティックでウィンドウを飾った等身大のファッションドール「ブライス」も、アーリーフォール・コレクションのウェアを身にまとい、ウィンドウディスプレイに登場します。店内では3年連続でボッテガ・ヴェネタの専用展示スペースとなる本館1階=ザ・ステージにて、アーリーフォール・コレクションのカラーパレットを紹介します。ナッパレザーを使ったイントレチャートのアイテムを中心に、「ヴェネタ」のようなボッテガ・ヴェネタを代表するモデルから新しいモデルまで、厳選されたウィメンズのハンドバッグやアクセサリーなどを展示します。ボッテガ・ヴェネタのシーズナルカラーにスポットライトを当てたこの展示は、ザ・ステージで6月3日まで行われる予定です。

このユニークな体験に加え、4階ではボッテガ・ヴェネタを代表する「カバ」のクラフツマンシップやカラーをテーマに、魅力的なディスプレイを幅広く展開します。「カバ」はトーマス・マイヤーが2001年にクリエイティブ・ディレクターに就任した後、初めてデザインしたアイテムです。このイベントに合わせ、アーリーフォール・コレクションのカラーの一つ、ミストカラーの「カバ」を伊勢丹新宿店限定で50個ご用意いたします。これに加え、過去のシーズンに発表されたものから最新のものまで、様々なバージョンの「カバ」を販売するほか、貴重なアーカイブの「カバ」を特別展示し、伊勢丹新宿店を訪れるお客様にご鑑賞いただく機会を提供いたします。卓越した職人技、革新的なデザイン、現代的な機能性、最高品質の素材というボッテガ・ヴェネタの4つの礎石を余すところなく反映した「カバ」の特別展は、イベントが終了する6月10日まで体験いただけます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング