「勘定奉行」、「弥生会計」の顧客情報をそのまま活用!「eセールスマネージャーnano」の顧客情報一括取り込み機能を強化

@Press / 2014年5月23日 15時0分

顧客情報インポートイメージ
営業課題を解決するためのサービスを提供するソフトブレーン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:豊田 浩文、以下 ソフトブレーン)は、営業担当者一人当たり月額500円で利用できる中小企業向けの営業支援システム「eセールスマネージャーnano」に、中小企業において最も使われている会計管理ソフトである株式会社オービックビジネスコンサルタントの「勘定奉行」と弥生株式会社の「弥生会計」の顧客情報をインポートできる機能を搭載し、5月23日より提供開始しました。

営業支援システムを導入したものの、それが根付かない大きな原因の一つに顧客情報のマスター登録作業の煩雑さがあります。この登録が面倒で挫折し、結局活用・定着できずに終わってしまうケースは少なくありません。人員も予算も少ない中小企業にとって、いかに手間と費用をかけず効率よく情報を登録するかが営業支援システム活用促進において重要な課題となっています。

そこでこの度、中小企業で最も使われている会計管理ソフト「勘定奉行」と「弥生会計」の顧客情報を活用し、「eセールスマネージャーnano」にインポートできる機能を拡充しました。これにより、「勘定奉行」と「弥生会計」を利用している企業は、そこで登録済みの顧客情報をそのまま「eセールスマネージャーnano」に流用することができます。営業担当者は、顧客情報のマスター登録が完了した状態で営業支援システムの使用を開始することが可能となるため、面倒な登録業務による挫折を防ぎ、早期活用・定着が実現できます。

ソフトブレーンは今後も、中小企業のユーザーが「eセールスマネージャーnano」のさらなる活用・定着を促進できる機能の充実を図っていく予定です。

<顧客情報インポートイメージ>
http://www.atpress.ne.jp/releases/46681/img_46681_1.jpg


※「勘定奉行」対象バージョン:勘定奉行i8と勘定奉行21シリーズ(Ver.5以降)、「弥生会計」はバージョンを問わない。

■「eセールスマネージャーnano」についての詳細は http://www.e-sales-nano.jp/ をご覧ください。

■価格
「eセールスマネージャーnano」 500円/1ユーザー/月(税別)


※記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。


【ソフトブレーン株式会社について】(コード番号4779 東証第一部)
URL   : http://www.softbrain.co.jp/
事業内容: 営業課題解決事業

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング