~神田錦町に『10 OVER 9』皇居北側に誕生!~ 食と運動によりこれからの健康をサポートする夢の施設『鹿屋アスリート食堂』と『RUN CUBE』がオープン

@Press / 2014年5月23日 13時30分

外観
株式会社アスリート食堂(東京都台東区、代表取締役:佐藤 裕久、以下 アスリート食堂)は、バランスのとれた健康的な「食」、フィットネスな体作りをするための「運動施設」、豊かな時間を過ごす「寛ぎ」のスペースを構えた新しい形の融合施設『10 OVER 9』を2014年6月6日(金)11時から、千代田区神田錦町にオープンいたします。

人々の健康づくりと未来のオリンピアン・パラリンピアンをサポートする「10 OVER 9」プロジェクトがついに始動。
2020年、東京オリンピック開催が決定したことで、オリンピックを目指すアスリート達を応援したいという想いはこれまで以上に期待と共に高まります。そこでアスリート食堂は「人々の健康で豊かな食生活」と「アスリートサポートの実現」ができる「10 OVER 9」プロジェクトを立ち上げました。


1、[10 OVER 9プロジェクト]とは?
「10 OVER 9」プロジェクトとは今の自分を超えて行くために特別な時間を過ごすという考え方です。利用や参加をすることで自身の健康や能力を高めることができるプログラムから構成されます。
『鹿屋アスリート食堂』及び、『RUN CUBE』は「10 OVER 9」プロジェクトのひとつです。
また、その他には食事の面だけではなく、選手の活動支援を行える仕組みを取り入れ、トップアスリートとしてオリンピック・パラリンピックを目指す選手をサポートすることができます。人々の健康づくりとトップアスリートの活動支援を結びつけるという、社会貢献に繋がる壮大なプロジェクトです。


2、[鹿屋アスリート食堂]とは?
株式会社バルニバービ・国立大学法人 鹿屋体育大学・鹿児島県鹿屋市からなる「産学官連携プロジェクト」。食材の宝庫と評される鹿屋の良質な食材を用いて、鹿屋体育大学 長島講師監修の「スポーツ栄養学」に基づいたメニューで提供するこれまでになかった健康食を提供する食堂です。

<選べるおかず[一汁一飯三主菜]美と健康づくりを担うバランス定食>
健康食として提供する「アスリート食堂定食」は、「汁物、ご飯、15種類の中から選べる3つの主菜」の5つの要素で構成される「一汁一飯三主菜」。
主菜の組み合わせで様々な健康志向に対応する、これまでになかった新たな
定食の形です(お好みで1品追加した四主菜にも対応)。おかずは、主菜、副菜の関係ではなく、すべてを主菜としてご用意。3つの組み合わせで「メタボ」
「貧血予防」「減量」など、様々な健康志向に合わせた定食メニューを形づくります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング