スマートデバイスや4Kに対応したBizひかりクラウド「ひかりサイネージ」の提供開始について

@Press / 2014年5月29日 15時30分

 西日本電信電話株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:村尾 和俊、以下 NTT西日本)とエヌ・ティ・ティ・スマートコネクト株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:窪薗 竜二、以下 NTTスマートコネクト)は、「Bizひかりクラウド」の新たなサービスラインアップとして「ひかりサイネージ」※1を2014年6月2日(月)から提供開始します。本サービスは、タブレットから4Kテレビまで幅広いデバイスをディスプレイとしてご利用いただけるクラウド型のデジタルサイネージサービスです。
 なお、本サービスはNTTスマートコネクトがクラウドサービスを提供し、NTT西日本は「フレッツ 光ネクスト」(インターネット接続サービス)※2等ネットワークサービスや「光BOX+」(情報機器)※3と組み合わせ、本サービスを販売取次します。

※1:「ひかりサイネージ」について
・サービスのご利用にあたっては、別途、「フレッツ 光ネクスト」などのインターネット接続サービス及び、インターネットプロバイダーとのご契約・ご利用料金が必要です。また、プレーヤーやディスプレイ等機材を別途ご準備頂く必要があります。
・「ひかりサイネージ」はエヌ・ティ・ティ アイティ株式会社の登録商標です。
※2:「フレッツ 光ネクスト」(インターネット接続サービス)について
・インターネットのご利用には、本サービスに対応したプロバイダーとのご契約・ご利用料金が必要です。
・サービス提供エリアであっても、ご利用いただけない場合があります。エリアについては、お問い合わせいただくか、[ http://flets-w.com/ ]をご確認ください。
※3:「光BOX+」(情報機器)について
・プレーヤーとして利用頂けます。
・詳しくは、NTT西日本ホームページ( http://www.ntt-west.co.jp/kiki/hikaribox/ )にてご確認ください。


1.背景
 デジタルサイネージは、ショッピングモール等の商業施設や交通機関、公共施設等を中心に導入が進んでいます。特に近年では、タブレット、スマートフォン等のスマートデバイスの普及や、ディスプレイ、プレーヤー(サイネージ再生機器)の価格の低廉化等により小売店での導入や中小企業でのオフィス用途での利用も増えています。また、昨今話題となっている「4K技術」による高精細化により、今後、パブリックビューイングやイベント等さまざまなシーンでの活用が期待されています。
 このような背景の中、スマートデバイスや4Kにも対応し、より容易かつフレキシブルなコンテンツ管理・配信が可能となるクラウド型デジタルサイネージサービスを提供することとしました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング