日経BPコンサルティング調べ――― 「ブランド・アジア2014」の結果を本日リリース ―――アジアでのApple、SAMSUNG、Googleなどスマートフォン関連ブランドへの評価高まる日本ブランドはSONY、HONDAが健闘するも、全体的に低調

@Press / 2014年5月30日 10時30分

表1
 株式会社日経BPコンサルティング(所在地:東京都港区、代表取締役社長:戸田 雅博)は、アジア12地域を横断する、ブランド価値評価調査プロジェクト「ブランド・アジア2014」(*)の結果をまとめ、日本では2014年5月30日(金)に調査結果報告書を発行・発売します。アジア各地の個々のブランドが持つ好感度、役立ち度、品質感などのイメージを測定し、地域差の有無やイメージ傾向などを把握し、主要なブランドの総合力を横断的に評価した調査です。

本リリースURLはこちら
http://consult.nikkeibp.co.jp/consult/news/2014/0530ba/

 本調査は、新調査対象地域のトルコのほか、中国、インド、インドネシア、日本、マレーシア、ミャンマー、シンガポール、韓国、台湾、タイ、ベトナムのアジア12地域において、一般消費者を対象とする定量アンケート調査を実施しました。各地域で調査対象となるブランドは、全地域共通で調査する60のグローバル・ブランドと、地域固有のブランドを中心に各地域独自で選定した40のローカル・ブランド(シンガポールは除く/グローバル展開するブランドも含まれる)、あわせてのべ1,160ブランドです。


◆結果の要点
 ASEAN地域におけるスマートフォン関連ブランドに対する評価の高まりを追い風に、アジア全域で、Apple、SAMSUNG、Googleが高い評価を受けたほか、ミャンマーでもLGが第2位に急浮上。
 日本勢では、SONYとHONDAが健闘しているが、全体的に低調に終わった。


◆アジア全域で、Apple、SAMSUNG、Googleなどスマートフォン関連ブランドに高い評価、
 日本勢はSONYとHONDAが健闘するものの、総合力平均ランキングトップ20にはわずか5ブランド

 ブランド総合力ランキングの地域別トップ10を表1に、またグローバル・ブランド60のブランド総合力平均ランキングの上位20を表2にまとめた。Apple、SAMSUNG、Googleなど、スマートフォンと関連のあるブランドがアジア地域全般で高いブランド力を獲得していることが分かる。また、総合力平均ランキングからは、SONYとHONDAの日本勢がアジア地域で平均的に広く評価されていることがうかがえるが、トップ20の中で日本ブランドは、TOYOTA、Canon、TOSHIBAを含む5つのみとなり、アジア地域における日本ブランド全体に対する評価の底上げが、課題として残った。

@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング