婦人画報 創刊110周年記念「つくろう!日本の手仕事の未来」プロジェクト本格始動

@Press / 2014年5月29日 19時0分

婦人画報 2014年7月号 表紙
株式会社ハースト婦人画報社(本社:東京都港区、代表取締役社長&CEO:イヴ・ブゴンwww.hearst.co.jp)発行の月刊誌『婦人画報』は、2015年に創刊110周年を迎えます。これを記念し、美しい日本の伝統を未来へとつなげるプロジェクト「つくろう!日本の手仕事の未来」を発足し、5月31日より本格始動いたします。

このプロジェクトは、日本最古のメディアの一つである『婦人画報』にとって、伝統産業・工芸の価値と存続の危機にある現状を、世の中に広く知らせてゆくことが、大きな使命であるという考えのもとに発足。長年に渡り培ってきたネットワークを活かし、未来に残すべき“価値ある伝統産業・工芸”を選定し、その危機を広く発信し、未来へとつないでゆく、長期的な取り組みを目指します。

2014年5月31日発売・7月号にて全国58の伝統産業・工芸を緊急特集し、その内の一つを、女性誌単独としては初めてとなる、クラウドファンディングを活用した読者参加型の事業として支援いたします。

その読者参加型クラウドファンディング事業の第一弾が、鏡師・山本晃久氏の『世界最大・手づくりの魔鏡』製作プロジェクトに決定いたしました。

「魔鏡」は、神秘性を兼ね備えた美しさをもつ伝統工芸であるにも関わらず、絶滅の危機に瀕しています。現在、手作りで魔鏡製作を行うのは、京都にある山本合金製作所のみ。鏡師の技術は山本家の当主にのみ伝えられている“秘技”となっております。

プロジェクトに共感した読者から製作資金を募り、目標金額に達するとプロジェクトが成立。完成した『世界最大・手づくりの魔鏡』を通して、より多くの方々に「魔鏡」の存在と魅力を知ってもらうことで、この産業を守ってゆきたいと考えております。具体的には、京都での展示後、震災で社を失った岩手県陸前高田の今泉天満宮に奉納する予定です。

『婦人画報』では、第一弾を皮切りに、 “未来に残すべき価値あるもの”を、続々発信してゆきます。今後は工芸に限らず、クラウドファンディングを通じて伝統を未来へつなぐとともに、伝統の中から新たな価値を創造してまいります。

◇「つくろう!日本の手仕事の未来」プロジェクト 公式サイト
  http://sp.trip.kyoto.jp/savethecraft/

-------------------------
■「つくろう!日本の手仕事の未来」プロジェクト 概要
発足日: 2014年5月31日
内 容: [1]『婦人画報』本誌特集にて、伝統産業・工芸の価値と絶滅の危機にある状況を発信
     [2]読者参加型クラウドファンディング事業
      目標金額を達成すると、プロジェクト成立となり、出資者に出資額に応じたプレゼントを提供

@Press

トピックスRSS

ランキング