算数・数学指導のエキスパートが教える!「数学コーチャーによる数学講座」2014年6月・7月度日程決定!東京・大阪・兵庫で開催!

@Press / 2014年5月30日 14時0分

数学コーチャー ロゴ
公益財団法人日本数学検定協会(所在地:東京都台東区、理事長:清水 静海)は、「数学コーチャーによる数学講座」を2014年6月から7月にかけて東京や大阪、兵庫の3つの都市で開催いたします。数学コーチャーとは、当協会の行う「実用数学技能検定」準2級以上の合格者で、一定の研修を受け、学校や塾、さまざまな学びの場で算数・数学の学習を支援・指導するエキスパートのことです。

今期は、実用数学技能検定2級・準2級の検定問題を題材として解説を行う「数学検定解説講座」、実用数学技能検定準1~準2級で出題される特定の内容の解説を行う「テーマ別解説講座」、小学生を対象とした算数を英語で楽しく学べる「英語で学ぶ算数講座」の3種類の講座を開催いたします。

この「数学コーチャーによる数学講座」は、算数・数学が学べる場を広く国民のみなさまにご提供し、少人数制での学習を通じて算数・数学を学ぶ楽しさ、大切さをご理解いただくために2012年9月から始めたもので、2014年4月末までに164回開催し、延べ500人以上が参加しています。

当協会は、8月以降も、さまざまな内容で算数・数学学習の場をご提供し、学習者のみなさまの数学力向上に貢献してまいります。


■講座概要
《全講座共通》
申込締切: いずれも開催日の10日前
      ※定員に達した場合、早めに締め切ることがあります。
申込方法: 実用数学技能検定公式サイト「講座・講習会情報」ページの
      各講座申込フォームからお申し込みください。
URL   : http://www.su-gaku.net/gakushu/lecture/


《各講座詳細》
(1)「数学検定解説講座」
【内容】
実用数学技能検定2級・準2級の検定問題を題材として解説を行います。
【対象】
実用数学技能検定を受検した方、次回の受検を検討している方など。
【受講料(税込)】
全会場・全講座共通/大人5,000円、大学生4,000円、高校生以下3,000円
【日程】
<東京・尾久会場>
6月15日(日) 16:00~18:00 実用数学技能検定2級 解説講座
6月22日(日) 16:00~18:00 実用数学技能検定準2級 解説講座
7月13日(日) 16:00~18:00 実用数学技能検定準2級 解説講座
7月20日(日) 16:00~18:00 実用数学技能検定準2級 解説講座

(2)「テーマ別解説講座」
【内容】
実用数学技能検定準1~準2級で出題される特定の内容の解説を行います。
【対象】
実用数学技能検定準2級以上の合格をめざす方、高校数学を初歩から学びたい方など。
【受講料(税込)】
全会場・全講座共通/大人5,000円、大学生4,000円、高校生以下3,000円
【日程】
<東京・尾久会場>
7月6日(日) 16:00~18:00 三角比(実用数学技能検定準2級レベル/数学I・A)

<大阪・鶴見会場>
6月15日(日) 16:30~18:30 ベクトル(実用数学技能検定2級レベル/数学II・B)
6月15日(日) 19:00~21:00 指数関数・対数関数(実用数学技能検定2級レベル/数学II・B)
6月29日(日) 16:30~18:30 微分法(実用数学技能検定準1級レベル/数学III)
6月29日(日) 19:00~21:00 積分法(実用数学技能検定準1級レベル/数学III)
7月13日(日) 16:30~18:30 極限(実用数学技能検定準1級レベル/数学III)
7月13日(日) 19:00~21:00 二次曲線(実用数学技能検定準1級レベル/数学III)

<兵庫・尼崎会場>
6月19日(木) 19:00~21:00 複素数平面(実用数学技能検定準1級レベル/数学III)

(3)「英語で学ぶ算数講座」
【内容】
カードゲームやパズルなど頭と体を使って英語を話しながら楽しく算数を勉強します。
【対象】
小学生
【受講料(税込)】
2,000円
【日程】
<大阪・鶴見会場>
6月29日(日) 14:00~16:00 英語で楽しく算数あそび

詳しくは下記URLをご覧ください。
「講座・講習会情報」: http://www.su-gaku.net/gakushu/lecture/


■「数学コーチャー」とは
数学コーチャーとは、学校での学習支援や塾での指導を主に行う算数・数学指導のエキスパートのことで、公益財団法人日本数学検定協会が認定し、活動の支援を行っています。「算数・数学を学ぶ人の声を聴き、共に学ぶ」ことを基本姿勢としており、教育現場など学習の場こそが専門性を発揮できる舞台です。数学コーチャーにはプロA級とプロB級があり、それぞれ実用数学技能検定準1級以上と準2級以上の合格者です。

詳しくは下記URLをご覧ください。
「数学コーチャー」: http://www.su-gaku.net/coacher/


【実用数学技能検定について】
「実用数学技能検定」(後援=文部科学省)は、数学・算数の実用的な技能(計算・作図・表現・測定・整理・統計・証明)を測る検定で、公益財団法人日本数学検定協会が実施している全国レベルの実力・絶対評価システムです。主に、数学領域である1級から5級までを「数学検定」と呼び、算数領域である6級から11級、かず・かたち検定までを「算数検定」と呼びます。第1回を実施した1992年には5,500人だった受検者数は、2006年以降は年間30万人を超え、実用数学技能検定を実施する学校や教育機関も15,000団体を超えました。財団法人設立以来の累計受検者数は350万人を突破しており、いまや数学・算数に関する検定のスタンダードとして進学・就職に必須の検定となっています。日本国内はもちろん、フィリピンやカンボジア、インドネシアなどでも実施され(過去5年間で延べ20,000人以上)、海外でも高い評価を得ています。

【法人概要】
法人名 : 公益財団法人 日本数学検定協会
所在地 : 〒110-0005 東京都台東区上野5-1-1 文昌堂ビル6階
理事長 : 清水 静海(公益社団法人日本数学教育学会会長、帝京大学初等教育学科長・教授)
会長  : 甘利 俊一(理化学研究所脳科学総合研究センター 特別顧問、東京大学名誉教授)
設立  : 1999年7月15日
事業内容:
(1)数学に関する技能検定の実施、技能度の顕彰及びその証明書の発行
(2)ビジネスにおける数学の検定及び研修等の実施
(3)数学に関する出版物の刊行及び情報の提供
(4)数学の普及啓発に関する事業
(5)その他この法人の目的を達成するために必要な事業

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

「数学コーチャーによる数学講座」講座風景

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング