世界初!iPhoneとSkypeで遺言ムービーを作成するサービス「ラストメッセージ」を6月10日に開始! インターネット時代の新しい「遺言のカタチ」を提案

@Press / 2014年6月3日 11時0分

イメージ画像 1
株式会社kitamura(所在地:東京都、代表取締役社長:北村 勝利)は、高齢者社会に伴いニーズの拡大が見込まれる遺言作成の分野において、インターネットの特性を生かし、より安く、手軽に遺言を動画に残せるサービス「ラストメッセージ」を2014年6月10日に開始致します。

「ラストメッセージ」は、ムービー形式で遺言や感謝のメッセージを残せるサービスです。利用者の皆様にとっては「想い」をしゃべる事だけで残せる手軽さと、表情や人となりを動画で残せる事から「新しい遺言」の形式となります。またお葬式の際の遺影に代わる挨拶ムービーとしての利用も可能です。

詳細URL
http://www.lastmessage.jp/
イメージ画像
http://www.atpress.ne.jp/releases/46934/img_46934_1.png (iPhone)
http://www.atpress.ne.jp/releases/46934/img_46934_2.png (パソコン)

■社会背景
高齢化社会をむかえ、遺言作成の件数は年間10万件を超え(資料1)、来年からの相続税増税もあいまって、「遺言」への関心や社会的ニーズが高まっています。
一方で、20~30万円の費用がかかることや公証役場へ出向く手間など、遺言書を残すという作業は依然として高いハードルがあります。
さらに、年間8千件超の裁判所による調停(相続に関するトラブル対応)が起こっており(資料2)、この相続トラブルを資産で分類すると3千万円以下で30%、3千~5千万で20%という低資産層、つまり遺言書および類するものを残していない家庭にトラブルが多く起こっています。

また、以前より「遺言」を動画のメッセージとして残す事は、ご本人の表情が残ることから、文字よりも説得力があり根強いニーズがありましたが、DVDに残す場合、費用が30万円以上かかる高価なモノでした。

この様な状況の中、「終活」をインターネットで支援するサービスを提供する当社は、インターネットやスマートフォンを活用して「安く・手軽に・誰でも・いつでも・どこでも」遺言ムービーが残せるサービスの開発に至りました。


■開発への思い
病院で動けない方や、インターネット環境の無い介護施設や地方に住む中高年の方々に遺言を手軽に残してもらいたい、メッセージが残っていないことから起こる相続トラブルを減らしたい、このような思いから安く簡単に残せる今までになかった「遺言」として開発いたしました。

@Press

トピックスRSS

ランキング