東日本大震災以降、徳島県郊外に都心企業が集結!?3年で5倍と急増したサテライトオフィスとは

@Press / 2014年6月2日 15時0分

サテライトオフィス外観例
2011年の東日本大震災以降、徳島県の郊外に東京・大阪の企業の支社(サテライトオフィス)開設が急増しています。
サテライトオフィスとは、都会から郊外に分散型のオフィスを出すことを言います。都心部の企業は2011年に起こった東日本大震災以降、一極集中型ではシステムダウンや営業が出来ないなど、大きなリスクがあることを知り、その対応策の一つとして、サテライトオフィスの設置に乗り出しました。
サテライトオフィスが設置されている地域の中でも特に徳島県が人気で、2014年5月現在、20社の企業が開設に乗り出し、設置企業が3年で5倍以上に急増しています。


【なぜ徳島県が選ばれるのか】
徳島県にサテライトオフィス設置が急増している背景として、県や市がサテライトオフィスの誘致に力を入れていることがあります。徳島県では高齢化が進み、県内の過疎地域の限界集落(65歳以上の高齢者が住民の半数以上を占める集落)の割合が、35%を占めるという厳しい状況を打破するため、若者に帰ってきてほしいと誘致の取組を始めました。徳島県内の就職先は、役場の臨時職員などが多く、正社員としての働き口が少ないために、若者が戻って来にくい環境となっていました。

東京・大阪から企業を誘致するため、県や市がサテライトオフィス設置に必要な環境を整えました。その一つとして、高速インターネット環境を整え、どこでもストレスなく、パソコンでの作業が出来るようになりました。さらには助成金制度を整え、1名採用するごとに県から30万円、市からは40万円の支援を受けることができます。その他にも事務所賃借料や通信費、事務機器などの使用料金を50%補助するなどの助成金制度も用意しています。
この環境が整ったことで、企業がサテライトオフィスを設置しやすくなり20代の若者が徳島県に多く舞い戻って来る結果となりました。


【旅館や廃校をオフィスに転用】
助成金の制度やネット環境だけではなく、都心よりも大幅に安い賃借料でオフィスを設置できるよう、環境の整備の工夫もしております。
徳島県では人口が減少傾向にあるため、学校の統廃合が進み、休廃校の校舎が数多く存在しています。また、閉鎖された旅館や古民家、施設などもそのまま残っている状況です。
この旅館や休廃校の校舎をオフィスとして転用することで、都心よりも非常に安価な賃借料で借りることができるようにしています。また、大阪まで約2~3時間という抜群のアクセスでもあることから、オフィスだけでなく、物流倉庫として活用する企業もあります。


【あしたのチームが徳島県三好市へのサテライトオフィス誘致支援を本格開始】
株式会社あしたのチーム(本社:東京都港区、代表取締役:高橋 恭介)は、徳島県三好市のサテライトオフィスの誘致支援事業を2014年4月より本格開始いたしました。あしたのチームは徳島県三好市でサテライトオフィスを初めて設置した企業です。
現在では6名の女性を現地採用し「三好ランド」としてサテライトオフィスを運営し、東京本社の営業アシスタントとして事務業務に従事してもらっています。
今後もより多くの企業に徳島県三好市へのサテライトオフィスを誘致するためにセミナーをはじめ、視察研修を行う予定です。

<サテライトオフィス視察研修>
2014年7月4日(金)~2014年7月5日(土)
■研修概要
実際に徳島県三好市を訪問し、市内やサテライトオフィスを視察して頂きます。

<サテライトオフィス招致セミナー>
2014年6月3日(火)17:00~20:00(受付16:45~)

■セミナー概要
・進出企業の事例も含めたサテライトオフィスの取り組み
・「優遇制度、自然環境、ネット環境」の3つのメリットについての説明
・徳島県、徳島県三好市、それぞれから受けられる優遇制度について


【今後の展開】
南海トラフ地震など震災リスクが叫ばれる中、今後も都心企業のサテライトオフィス開設は増加していくものと予測されています。あしたのチームでは徳島県三好市でのサテライトオフィス誘致に今後も力を入れていく予定で、年内で合計3回のセミナー及び視察研修を予定しております。


【会社概要】
会社名  : 株式会社あしたのチーム
代表取締役: 高橋 恭介
所在地  : 〒108-0073 東京都港区三田3-13-16 三田43MTビル3F
URL    : http://www.ashita-team.com/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

サテライトオフィス外観例2 オフィス内の様子

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング