アイテック阪急阪神、アシスト提供の「Ericom PowerTerm WebConnect」で阪急阪神ホテルズの宴会システム基盤を構築~低コスト、高品質、導入/運用の容易性を高く評価~

@Press / 2014年6月2日 12時0分

 株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚 辰男、略記:アシスト)が提供するデスクトップ仮想化製品「Ericom PowerTerm WebConnect(PTWC)」が、第一ホテル東京、ホテル阪急インターナショナル、ホテル阪神など多くのホテルを運営する株式会社阪急阪神ホテルズ(略記:阪急阪神ホテルズ)の新宴会システムのインフラ基盤として採用されました。PTWCを利用したシステムの提案およびインフラ構築は、阪急阪神東宝グループの戦略ITビジネス企業であるアイテック阪急阪神株式会社(本社:大阪市福島区、代表取締役社長:浜田 真希男、略記:アイテック阪急阪神)が行いました。

 アイテック阪急阪神では仮想化提案力の強化のため、アシストが販売開始して間もない2012年にPTWCの調査を行い、他社クライアント仮想化製品に比べライセンス価格が半分以下であること、あらゆるクライアントデバイスに対してVDI、RDS/TS、物理マシンへのアクセスを可能にする点に着目しました。その直後、阪急阪神ホテルズの宴会システム刷新案件が生じたため、アイテック阪急阪神は早速PTWCの検証を実施し、以下の4点を高く評価してPTWCを使ったシステム・リプレースを提案しました。

1. 狭帯域WANにおいて、RDPとは対照的な描画性能の高さ
2. 多重アクセスによる負荷テストで示した高い処理性能
3. RDPによくあるローカル・プリンタへの出力問題もなく、印刷出力可能
4. インストール、設定が非常に容易

 提案の結果、コスト、高機能、品質の総合力が評価され、PTWCは阪急阪神ホテルズの新宴会システムのインフラ基盤として採用されました。

 新宴会システムは2013年6月に完成し、阪急阪神ホテルズが運営する各ホテルへ段階的に展開されました。2014年2月には全10拠点のホテルすべてのリプレースが完了し、現在、300名を超えるユーザが同システムを利用して、業務を実施しています。アイテック阪急阪神では、PTWCは導入に手がかからずインフラ設計に注力できたことや、システム稼働後の運用でも問題が発生していないことを高く評価しています。

◎アイテック阪急阪神のEricom活用事例詳細
http://www.ashisuto.co.jp/case/industry/information/1196500_1565.html

@Press

トピックスRSS

ランキング