ノーリツ鋼機グループのNKワークス 平成26年度エネルギー使用合理化等事業者支援補助金のエネマネ事業者に採択

@Press / 2014年6月9日 16時0分

システムイメージ
ノーリツ鋼機株式会社グループのNKワークス株式会社(本社:和歌山県和歌山市梅原)は、この度一般社団法人 環境共創イニシアチブ※1(以下 SII)公募の、平成26年度エネルギー使用合理化等事業者支援補助金に係るエネマネ事業者に申請し、採択されました。

地球環境の変動に伴い、世界的に環境問題への取り組みが急務となっております。日本においては、電力問題に起因する経営継続リスクやコスト増加は深刻であり、企業に限らず一般家庭においても、環境に配慮した設備や製品の導入が進んでおります。

当社グループのNKワークスでは、高放熱LEDモジュールを採用した最先端LED照明「AdvanLED Lighting」を市場投入し、大型ショッピングセンターやエレベーター照明他、様々な施設で導入頂いております。また、印刷機のUVランプに置き換わる次世代・省電力照射システム(UV-LED採用)を開発し、これまで蓄積してきた写真処理機器のノウハウを活かした印刷分野での新たな事業を展開しております。

そのような状況の中、環境問題の取り組みとして機器による消費エネルギー削減に加え、エネルギーマネジメントという観点からもソリューションを提供するべく、平成26年度エネルギー使用合理化等事業者支援補助金に係るエネマネ事業者の登録申請を行い、この度SIIより採択されるに至りました。今後は主に工場やオフィスビル、商業施設などのエネルギー需要家へのエネルギーマネジメントシステム※2(以下 EMS)機器普及を推進し、エネルギー使用量の監視や制御をトータルでサポートし、導入施設の省エネルギー化を支援してまいります。

なお、平成26年度エネルギー使用合理化等事業者支援補助金の詳細につきましては、SIIのホームページをご参照ください。( https://sii.or.jp/ )


1.エネルギー使用合理化等事業者支援補助金に係るエネマネ事業者とは
導入された省エネルギー設備・システムや電力ピーク対策に寄与する設備・システムなどに対して、EMSを導入し、エネルギー管理支援サービスを通じて工場・事業場等毎の省エネルギー事業を支援する者として、SIIに登録された者。


2.NKワークスが提供するEMS製品
<名称>
エコデマンドシステム
<型名>
NK-15
<入力>
デマンド計測:デマンド時限30分・分割型CTセンサ1点・50,000パルス/kWh
       パルス幅10msec以上・DCパルス電流8mA以上 40mA以下
電力量計測 :無電圧a接点 3系統(最大127系統)・50,000パルス/kWh以下
       パルス幅10msec以上
<出力>
制御盤本体    :DC24Vリレー出力(標準)16系統
          ※増設基盤追加にて最大64系統
制御リレーアダプタ:リレー接点出力・接点電圧AC125V/DC60V以下
          接点電流1.0A以下・ON抵抗100mΩ以下
<デマンド監視制御盤>
電源  :AC100V±10% 50/60Hz両対応
使用環境:使用温度-10~55℃(ただし、結露および氷結しないこと)
     使用湿度25~85%RH
外形寸法:580(幅)×240(奥行き)×647(高さ)mm
質量  :約31.0kg
<デマンドモニターPC>
電源  :AC100V±10% 50/60Hz両対応
使用環境:使用温度10~40℃(ただし、結露および氷結しないこと)
     使用湿度20~80%RH
外形寸法:44(幅)×222(奥行き)×266.7(高さ)mm
質量  :約1.58kg


3. システムイメージ
http://www.atpress.ne.jp/releases/47166/img_47166_1.jpg


※1 一般社団法人 環境共創イニシアチブ(SII)
経済産業省より指定を受けた平成26年度「エネルギー使用合理化等事業者支援補助金」の執行団体です。

※2 エネルギーマネジメントシステム
エネルギーマネジメントシステム(EMS)とは、オフィスビルや商業施設などの建物において、エネルギーの使用状況を監視、把握し、施設内の環境に応じて機器、設備の制御を行い、エネルギー消費量を削減するためのシステムです。EMSを導入することで、エネルギー使用料の削減によるコスト削減や企業の環境課題解決に寄与することができます。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング