~ 2014年度JCSI(日本版顧客満足度指数)第1回調査結果発表 ~ 初CS1位にスターバックスとウィルコム 帝国ホテル、ヤマト運輸、富士ゼロックスは全指標で1位

@Press / 2014年6月11日 15時0分

2014年度年第1回調査結果(業種業態別分布)
サービス産業生産性協議会(代表幹事:秋草 直之 富士通株式会社相談役)では、この度、2014年度第1回「JCSI(日本版顧客満足度指数:Japanese Customer Satisfaction Index)」調査として、8業種[コンビニエンスストア/シティホテル/ビジネスホテル/飲食/カフェ/携帯電話/宅配便/事務機器]における82企業もしくはブランド(以下 企業・ブランド)の満足度等を発表しました。


■各業種の顧客満足度1位企業・ブランド
・セイコーマート(コンビニエンスストア) ~高い知覚価値により4年連続CS1位~
・帝国ホテル(シティホテル) ~全ての指標1位で6年連続CS1位~
・スーパーホテル(ビジネスホテル) ~僅差でCS1位に復帰~
・木曽路(飲食) ~期待、品質の高評価で2年連続CS1位~
・スターバックス(カフェ) ~期待、品質で他を圧倒し、初のCS1位~
・ウィルコム(携帯電話) ~知覚価値で高い評価、初のCS1位~
・ヤマト運輸(宅配便) ~全指標1位。調査開始から6年連続~
・富士ゼロックス(事務機器) ~6指標全てで1位を獲得~

この調査は、統計的な収集方法による総計12万人以上の利用者からの回答をもとに実施する日本最大級の顧客満足度調査で、業種・業態(以下 業種)横断での比較・分析ができ、かつ、6つの指標で顧客満足度構造とポジショニングがチェック可能です。本年度は年5回に分け、年間約30の業種、約400の企業・ブランドの調査を実施する計画です。「顧客の評価を起点とした業種を超えた競争」を促すことで、より高い付加価値や顧客満足を高める経営が日本全体に広がり、日本企業の成長と国際競争力の強化に役立つことを狙いとし、2009年度から発表を行っています。JCSI(日本版顧客満足度指数)の詳細・特徴については、「参考資料1」をご参照ください。


I.調査結果
<業種・業態別の満足度分布>
http://www.atpress.ne.jp/releases/47227/img_47227_1.png

◎棒グラフの上端にその業種において最も顧客満足度が高い企業・ブランド、下端に最も低い企業・ブランドが位置します。
◎矢印>は、各業種の調査対象企業・ブランドを順番に並べた際、ちょうど中間に位置づけられる業種中央値です(業種内の企業数が7社であれば4番目、8社であれば4番目と5番目の中間が中央値)。

@Press

トピックスRSS

ランキング