営業活動の「見える化」から「見せる化」へ 事実情報を自動投稿する「タイムライン機能」を「eセールスマネージャーRemix Cloud」へ新たに搭載

@Press / 2014年6月9日 13時0分

タイムライン活用イメージ
営業課題を解決するためのサービスを提供するソフトブレーン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:豊田 浩文、以下 ソフトブレーン)は、営業の効率化を支援するサービスパッケージ(SFA/CRM)「eセールスマネージャーRemix Cloud」に、事実情報を自動投稿する「タイムライン機能」を新たに搭載し、6月9日より提供開始します。
今回の機能追加は、「使い勝手No.1の営業支援システム(SFA/CRM)」を目指した取り組み第2弾となります。


■従来の社内SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)が定着しない理由
国内企業における社内SNSの利用率は16.5%、検討中の企業を含むと45.7%であり、現在は黎明期でこれから拡大する市場であると考えられています(*1)。しかし、導入した企業においては「どういった情報を投稿すればよいのか分からない」「結局一部の人しか使っていない」などの声も多く、思うように活用・定着せずに終わる事例が散見されます。
また、社内SNSの導入を検討していない企業の60%が「利用目的が不明確」という理由を挙げています(*1)。導入が進んでいる海外においても社内SNSの成功率は10%であり、その理由に「利用目的が不明確」を挙げています(*2)。
このように、従来型の社内SNSは、ユーザーによるテキスト情報の投稿に依存する点、目的が不明確な点などにより定着に失敗し、成功イメージが確立できていないため、依然として企業活用にまで浸透していない現状が見受けられます。

*1(2013年IDCJapan調査参照: http://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/20131022Apr.html )
*2(2013年Gartner調査参照: http://www.gartner.com/newsroom/id/2402115 )

そこで、ソフトブレーンは、こうした従来型社内SNSの問題点を踏まえ、ユーザーのテキスト情報の投稿に依存せず、顧客との接点情報の共有による組織営業力向上を主目的とした、事実情報を自動投稿する「タイムライン機能」を開発し、営業支援システム(SFA/CRM)「eセールスマネージャーRemix Cloud」の追加機能として新たに搭載いたしました。


■「タイムライン機能」の主な特長
1. テキスト「手動投稿型」ではなく事実情報「自動投稿型」へ
今までの社内SNSは、テキストで情報を発信する手動投稿型のシステムであったため、文章による表現のブレやユーザー個々のモチベーション、立場などに依存した交流の場になりがちでした。「タイムライン機能」は、ユーザーが注視したい案件、企業、個人(顧客・部下)を設定することによって(ウォッチ機能)、それに関わる活動情報に更新があった場合(活動報告やスケジュール登録など)自動でその内容がタイムラインの画面上に投稿されます(自動投稿)。任意の条件(例えば、受注予定金額が1億円以上、クレーム対応中など)を設定することも可能です(フィルタリング機能)。これにより、投稿者が意識することなく、これまでどおり営業支援システム(SFA/CRM)を利用するだけで、必要な情報を自動的に組織で共有することができます(見せる化)。

@Press

トピックスRSS

ランキング