裏切りには、裏切りを ― 極上のスキャンダラスを見逃すな 最高視聴率53.3%を記録した伝説のドラマの新章「ダラス」シーズン1 ついに日本初上陸!「WARNERTV」にて2014年7月15日(火)より配信スタート

@Press / 2014年6月17日 14時0分

「ダラス」シーズン1 (c) Warner Bros. Entertainment Inc.
ワーナー エンターテイメント ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:ウィリアム・アイアトン)の一部門であるワーナー・ブラザース テレビジョン(日本代表:小田 充、以下 ワーナー・ブラザース)は、アメリカで1978年から13年に渡り放送され、最高視聴率53.3%という驚異的な数字を記録した大人気ドラマ「ダラス」の20年後を描いた続編「ダラス」シーズン1の配信を2014年7月15日(火)からチャンネル型オンデマンドサービス「WARNERTV」でスタートします。現在「WARNERTV」は、dビデオ、J:COM、U-NEXT、UULAで配信中です。(※なお、dビデオでは、7月1日(火)より先行配信いたします。)


■「ダラス」のあらすじ
石油で財を成し、テキサスの豪邸“サウスフォーク”に住む大富豪ユーイング一族の物語。一族の長男J.R.の息子ジョン・ロスと、三男ボビーの養子クリストファーというユーイング家の次世代を担う二人が主役。油田開発とユーイング一族の利権をめぐる駆け引きや闘い、さらに一族同士の裏切りや、それぞれの複雑に絡み合う恋愛事情など、人間の愛憎劇が余すところなく描かれたドラマです。

本作は2012年より全米ケーブル局TNTにて放映開始され、シーズン1の初回放送はケーブル局のドラマ作品のプレミア放送では視聴率No.1(2012年1月~7月)を獲得しました。その後も好調な視聴率により、現在アメリカではシーズン3が放送中です。


■ダラスのキャストについて
主役のジョン・ロスには、テレビドラマ「デスパレートな妻たち」シーズン3や映画「ステップ・アップ」に出演していたジョシュ・ヘンダーソン、もう一人の主役であるクリストファーには、テレビドラマ「デスパレートな妻たち」でジョン役を演じていたジェシー・メトカーフを起用しています。また、映画「ワイルド・スピード」シリーズでミア・トレットを演じていたジョーダナ・ブリュースターが、クリストファーの元恋人であり、ジョン・ロスの現在の恋人役であるエレーナ・ラモス役を演じています。また、ユーイング家の長男J.R.役のラリー・ハグマン、良識ある三男ボビー役のパトリック・ダフィー、J.R.の別れた妻スー・エレン役のリンダ・グレイなど、オリジナル版ダラスの出演者が当時の役柄のまま出演しているところも見どころです。


■オリジナル版ダラスとは
最高視聴率53.3%、最高年間平均視聴率34.5%、年間平均視聴率第1位を3度獲得した超ロングラン・ヒットシリーズ。現在のテレビドラマで定番となった、次のシーズンまで持ち越して視聴者の興味をひく「クリフハンガー」という掟破りの手法を初めて導入した作品としても有名です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング