大阪セミナー初開催!土地付き太陽光発電『SolarMarket』の販売商談会を6月21日、AP大阪駅前 APホール2にて開催

@Press / 2014年6月10日 10時30分

販売バナー
太陽光発電導入ナビゲーションサイト「タイナビ」を運営する株式会社グッドフェローズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:長尾 泰広)は、産業用太陽光発電の施工・販売を行うホームエネルギーマネジメントサービス株式会社(本社:東京都青梅市、代表取締役 佐藤 琢郎、以下 HEMS社)と共同で、土地付き太陽光発電「SolarMarket」の販売商談会を、2014年6月21日(土)にAP大阪駅前 APホール2(大阪市北区)にて開催します。販売区画数は全20区画(鳥取県米子市)で、1区画52.0kWあたりの販売価格は土地代込みで1,860万円(税込)。先着限定60名様となります。

申込URL: http://www.tainavi-pp.com/questionnaire/seminar20140621/


「SolarMarket」とはHEMS社が運営する土地付き太陽光発電投資プロジェクト。最高品質の部材を大量仕入し、小規模造成ですぐに着工できる低価格な土地を選定することで業界トップクラスの低価格と高利回りを実現しています。また、設備機器も妥協することなく、パネルは中国3大メーカーの一つ「インリーソーラー」を、パワコンは安心の国産にこだわり安川電機製を使用。「SolarMarket」は低価格かつ安心のシステムを皆さまにお届けします。

■特徴(1) 驚愕の1区画1,860万円!
「SolarMarket」の一番の特徴は、なんといっても1,860万(52.0kW/区画)というその価格です。しかも土地の費用、系統連系の際にかかる事業者負担金もシステム価格に含まれております。土地費用&事業者負担金がコミコミで1,860万円はまさに『破格』と言えます。

■特徴(2) 表面利回り11%超え!
鳥取県米子発電所の表面利回りは11.29%!売電単価36円物件としては極めて高い数字となっております。

■特徴(3) こわだりのメーカー選定!
「SolarMarket」では世界のメガソーラー事業にも採用され、ワールドカップ公式スポンサーも務めるインリーソーラーのモジュールを使用。パワコンは安心して長く使って頂けるよう、国産の大手メーカー安川電機製のものを使用しております。

■特徴(4) 10年の工事保証&無料駆けつけサービスも付随!
「SolarMarket」ではアフターメンテナンスとして「10年工事保証」、および不具合があった際の「無料駆けつけサービス」も付随しております。また、お客様のご要望に応じて遠隔監視システムや草刈りサービス(別途料金)も用意するなど、メンテナンスを重視される方にも安心して運用いただける体制を整えております。

@Press

トピックスRSS

ランキング