東急東横線「新丸子」駅徒歩8分の立地に新築分譲マンション誕生 【ガーラ・アヴェニュー武蔵小杉】販売開始

@Press / 2014年6月10日 12時0分

外観
株式会社FJネクスト(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:肥田 幸春)は、新築分譲マンション「ガーラ・アヴェニュー武蔵小杉」(総戸数41戸)の販売[申込受付]を本日6月10日(火)より開始します。


「ガーラ・アヴェニュー武蔵小杉」は、東急東横線・目黒線「新丸子」駅より徒歩8分、JR南武線、東急東横線・目黒線「武蔵小杉」駅(北口)より徒歩11分(横須賀線口へは22分)に位置します。「武蔵小杉」駅は、相互乗り入れを含む13路線が利用でき、「横浜」「渋谷」「品川」「東京」など主要都市部へダイレクトにアクセスできます。この首都圏屈指の交通利便性は、通勤・通学をはじめ、ショッピングやレジャーにと、あらゆるシーンで快適な生活をサポートしてくれます。
物件周辺にはコンビニやスーパーマーケット、金融機関、医療施設や、自然の潤い溢れる「等々力緑地(物件より徒歩8分)」など、暮らしを豊かにする住環境が広がっています。また、都市機能が整備される「武蔵小杉」エリアにありながらも、物件所在地である「小杉陣屋町」は、将軍「徳川家康」縁の地としても知られており、歴史・文化を感じさせる由緒ある地です。
物件外観は白を基調とする落ち着いた色調の中に、濃淡のタイルでラインを施した個性漂うデザインに仕上げました。アプローチには、白とダークブラウンのコントラストで上質感を持たせ、エントランスホールは、石目調タイルと和紙による内照照明が、ゆとりと広がりを演出しています。
※上記の13路線とは、東急東横線・目黒線、東京メトロ副都心線・南北線・有楽町線、都営三田線、東武東上線、みなとみらい線、JR横須賀線・湘南新宿ライン・成田エクスプレス・南武線・総武線快速を指します。


<「ガーラ・アヴェニュー武蔵小杉」の主な特長>
【セキュリティ・安全性】
◆先進のカードキーシステム
1枚のカードでオートロック、エレベーター、玄関と各住戸に入るまで3重の施錠で、より高い安全性を実現しました。

◆24時間オンライン監視システム
火災など建物内の異常を素早くキャッチし、管理会社(緊急センター)・警備会社に通報するセキュリティシステムを採用。24時間365日体制で安全を見守り続けます。

◆防犯サムターン&鎌付デッド錠
不正開錠に強い防犯サムターンとバールなどの工具を使用した破壊行為に対しても高い防犯効果を発揮する鎌状のデッドボルトを採用しました。

【構造】
◆二重床・二重天井
騒音・振動を低減するクッションゴムを支持脚に装備した二重床構造を採用。また、全ての居室を二重天井とし、遮音性を高める一方で、将来的なリフォームを容易にしています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング