<子どもを持つ家庭のスマホ・タブレット利用最新事情>増える子どもの利用、「教育」用途にも拡大傾向! ~ママも教育系サービスには有料課金も前向き LINEからのアプリDLが台頭~

@Press / 2014年6月10日 14時0分

株式会社タカラトミーエンタメディア(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:熊倉 和男)が、総合プロデュースしているスマートフォン向けエデュテイメントアプリ『FamilyApps(以下:ファミリーアップス)』では、2014年5月に0~9歳の子どもがいる20~45歳の父親・母親を対象にインターネット調査を行ないました。

『ファミリーアップス』は、2014年6月12日~15日にかけて、東京ビッグサイトにて開催される「東京おもちゃショー2014( http://www.toys.or.jp/toyshow/ )」に出展致します。この機会にぜひタカラトミーブースにお立ち寄りいただき『ファミリーアップス』のサービス内容をお確かめください。

▼調査結果詳細
http://www.atpress.ne.jp/releases/47298/att_47298_1.pdf


<調査結果サマリ>
1.スマートフォンやタブレットを所有する保護者の増加に伴い、ファミリーユース・お子様専用端末の利用も増加。
保護者のスマートフォン所有率は2013年6月に当社で実施した調査に比べて58.0%から2014年は70.4%と12.4ポイント増となっており、タブレットに関しても2013年の21.4%から2014年は26.4%と5.0ポイント増加している。お子様専用のスマートフォンは0.4ポイント増、タブレットは2.1ポイント増、また家族共有のスマートフォンは1.4ポイント増、タブレットにおいては6.5ポイント増となっている。


2.お子様アプリに関して、有料課金のハードルは高いが今後利用が伸びる可能性がある。
お子様向けの有料アプリ購入に関して、66.7%が「無料アプリで十分なので今後も購入する予定はない」と回答。しかしながら約3割の保護者は「購入したことがある」「もしくは内容によっては購入しても良い」と考えている。


3.App Store、Google Playだけではなく、「LINE」や「キャリアサービス」からの流入も伸びている。
どういったマーケットからアプリをダウンロードしているかという設問に対し「Google Play」45.1%、「App Store」44.8%、ついで多かったのが13.9%の回答となった「LINE」からのダウンロード。これは3キャリア(NTTドコモ、KDDI、SoftBank社)合計15.9%に肉薄する数字となっている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング