第2回:Social LIFE Labo調査 『身近な人とのコミュニケーションとソーシャルメディア』「母の日VS父の日」勝敗は想像通りの結果に 記念日のお祝い ― 両親:直接会って/友達:メールやSNS ― 「LINE」が安否確認ツール!?「同窓会・作戦会議」をするSNSユーザーも

@Press / 2014年6月12日 10時0分

グラフ1
 株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田 晋、東証マザーズ上場:証券コード4751)の連結子会社で、ソーシャルメディアマーケティングを展開する株式会社サイバー・バズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:高村 彰典)は、時代の先端を行くソーシャルメディアユーザーを知ることで未来が分かる研究所「Social LIFE Labo」において、第2回調査として『身近な人とのコミュニケーションとソーシャルメディア』をテーマに当社Ripre(リプレ)会員803名の男女に向けて調査を行いました。


【今回のトピックス】
●「父の日」より「母の日」重視?プレゼントの有無と金額、
 どちらも母の日に軍配!

●誕生日のお祝いの伝え方、両親には「直接会って」との回答が1位!
 友人では1位が「メール」。ソーシャルメディア経由は4割を超える結果に。

●ソーシャルメディアの利用方法も多様化!
 「安否確認」「作戦会議」「同窓会」「ネタ作り」など

●「プライベートな内容は出せない」半数以上!
 ソーシャルメディアとの上手な付き合い方が課題に!


■「母の日VS父の日」、プレゼント有無・金額のどちらも「母の日」に軍配!
 お祝いは「直接会って伝える」という人が半数以上

 親元を離れ、社会人になるとついつい疎遠になりがちな親子のコミュニケーション。ソーシャルメディアの登場でコミュニケーション手段が増えた昨今、親子間の交流にも違いは出ているのでしょうか。

 まず、先日の母の日について「母の日にプレゼントはしましたか?」(単一解答)と尋ねたところ、76.2%が「プレゼントした」と回答。対して「父の日にプレゼントする予定はありますか?」(単一解答)と尋ねたところ、「プレゼントする予定」と回答したのは62.5%に留まりました。

グラフ: http://www.atpress.ne.jp/releases/47323/img_47323_1.png

 さらにプレゼント金額について尋ねると、「母の日」は3,000円以上との回答が72.0%となったのに対し、「父の日」は3,000円以上が67.6%という結果で、プレゼントの有無・金額両方で「母の日」に軍配が上がる結果となりました。

グラフ: http://www.atpress.ne.jp/releases/47323/img_47323_2.png

 上記まではプレゼントについてですが、プレゼントだけでなく、お祝いの伝え方もそれぞれです。「今年の母の日のお祝いを伝えた方法は?」(複数回答)と尋ねたところ、1位「直接会って」(63.2%)、2位「電話で」(24.7%)という結果に。「今年の父の日のお祝いを伝える方法は?」(複数回答)との質問でも、1位「直接会って」(59.3%)、2位「電話で」(22.9%)という結果になりました。

@Press

トピックスRSS

ランキング