ACCESSの位置連動型コンテンツ配信ソリューション「ACCESS(TM) Beacon Framework」に、温湿度センサー、加速度センサー、単三電池型と、3種類のBeaconが追加

@Press / 2014年6月13日 12時0分

図(1) ビニールハウスでの温湿度センサー付きBeaconを用いた利用例
 株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:室伏 伸哉、以下 ACCESS)は、同社のBeaconを用いた位置連動型コンテンツ配信ソリューション「ACCESS(TM) Beacon Framework(ABF)」のBeaconのラインナップを拡充し、新たに温湿度センサー、加速度センサー、単三電池が、それぞれ搭載された3種類のBeaconを追加しました。ACCESSは、新たに加わった3種類のBeaconに対応した「ABF」を、7月上旬より提供を開始いたします。

 温湿度センサーおよび加速度センサーが搭載されたBeaconは、従来の「ABF」のボタン型電池搭載のBeaconと同様の小型・軽量のケースに内蔵されており、設置場所を選ばないコンパクトな設計となっています。Beaconが設置された場所・物の温湿度や機械の稼働状況などのデータを、BLE(※1)無線通信を介して近く(半径約数M~50M内)に設置されたPCやスマートデバイスが取得し、クラウド経由で、外出中の管理者のスマートフォンやオフィスのPCなど遠隔からでも把握することが可能となります。農業・園芸や物流、工業・建設といった分野でのBeaconを用いた新たなM2M(※2)施策に応用することができます。また、単三電池型Beaconでは、ボタン電池型Beaconに比べて、耐用年数が約1年半から3年半※と大幅に向上するため、小型・軽量にこだわらない用途に利用することで、電池交換の手間を省くことができます。
※電波強度・間隔の設定により耐用年数は異なります。

【想定されるユースケース】
●温湿度センサー付きBeaconをビニールハウスなどに設置し、農作物や草花の温湿度環境を遠隔から把握。温湿度のデータログとしても活用できます(図(1)参照)。
●冷凍・冷蔵専用の宅配サービスの配送用ケース内に温湿度センサー付きBeaconを設置することにより、ケース内の温湿度を遠隔から把握。
●加速度センサー付きBeaconを工場の機械に設置し、稼働状況を遠隔から把握。
●衣料品店にて、顧客が加速度センサー付きBeacon実装のハンガーに掛けられた洋服を手に取ると、最寄りのデジタルサイネージにお薦めのコーディネートが映し出される。(図(2)参照)
●加速度センサー付きBeaconを用いて、イベント会場や美術館・博物館での静止型の展示商品、もしくは運動型の展示品における稼働状況の把握。(故障対応や盗難防止、展示品の人気度や最も利用頻度が高い時間帯の把握などに応用)

@Press

トピックスRSS

ランキング