J-SHIS 地震ハザードステーションを高度化 地理院地図に対応したJ-SHIS Map等を公開

@Press / 2014年6月30日 15時0分

地理院地図上に表示されたJ-SHIS地図(確率論的地震動予測地図2013年モデル1)
独立行政法人防災科学技術研究所(略称:防災科研/NIED、理事長:岡田 義光)は、6月30日、J-SHIS 地震ハザードステーションに新機能を追加したバージョンを公開します。J-SHISは、より多様なユーザに対して地震ハザード情報を正しく伝え、広く活用いただくため、機能の高度化を行っています。

J-SHIS 地震ハザードステーション: http://www.j-shis.bosai.go.jp


【3種類の追加機能】
1.地理院地図をベースマップに
J-SHIS Mapの背景地図として、国土地理院の地理院地図をご利用いただけるようになります。

2.3つのAPI(*1)を新規に公開
J-SHIS Web APIより、地震活動モデル情報提供API、長期間平均ハザード情報提供API、地すべり地形情報提供APIが新規に公開されます。また、APIのレスポンスを確認しつつリクエストの生成を行えるURLビルダー(*2)が公開されます。

3.スマートフォン向けJ-SHISアプリのアップデート
J-SHISアプリ(iOS版)の改修を行い、新しい地図等を追加しました。また、地震ハザードカルテのスマホビューが手軽にご利用いただけるようになります。


【追加機能の詳細】
1.地理院地図を背景地図として利用
国土地理院の提供する地理院地図( http://portal.cyberjapan.jp )を背景地図として利用できるようになりました。

J-SHISでは今回の機能追加により、国土地理院の地理院地図を背景地図として利用できるようになりました(図1)。同時に地図の縮尺表示にも対応しています。これにより、より多くの方にご利用いただくことが可能となります。なお、これまでのGoogle Mapsの地図は、レイヤー切り替えボタンから選択して表示することができます(図2)。

図1 地理院地図上に表示されたJ-SHIS地図(確率論的地震動予測地図2013年モデル1)
http://www.atpress.ne.jp/releases/47454/img_47454_1.jpg
図2 縮尺の表示
http://www.atpress.ne.jp/releases/47454/img_47454_2.jpg


2.J-SHIS Web APIから新たなAPIを新規に公開
・地震活動モデル情報提供API( http://www.j-shis.bosai.go.jp/api-pshm-fltinfo )
J-SHISから公開している様々な種類の地震活動(震源断層)モデルに関して、マグニチュードや平均発生間隔等のデータを取得するAPIです。

@Press

トピックスRSS

ランキング