無料サッカーニュースアプリ「日経W杯2014」15万ダウンロードを突破 SNSも活用し、W杯報道を充実

@Press / 2014年6月13日 14時0分

写真を画面いっぱいに表示するデザインを採用
日本経済新聞社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:喜多 恒雄)が配信するスマートフォン向け無料アプリ「日経W杯2014」のダウンロード数が、このほど15万件を突破しました。日経記者のコラムなど充実した内容が好評で、3月2日の配信開始から徐々にダウンロード数を伸ばしてきました。本日(6月13日)のサッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会の開幕に合わせ、新機能を追加。大会期間中はアプリのほか新聞紙面、ウェブの日経電子版、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)アカウントなど、さまざまな手段で多面的にW杯を報道します。

「日経W杯2014」 http://s.nikkei.com/wcup2014

日本経済新聞社は2006年ドイツ大会、2010年南アフリカ大会、そして2014年のブラジル大会と3大会連続で、国際サッカー連盟(FIFA)と「オフィシャルメディアサポーター」契約を締結しています。サッカー取材歴30年超の編集委員など、経験豊富な記者が執筆する日経のサッカーコンテンツは専門家の間でも高い評価を頂いてきました。従来は新聞紙面と電子版を中心に記事を配信してきましたが、今回のブラジル大会ではスマートフォンの普及を受け、アプリの形で記事を提供することにしました。アプリは無料とし、普段、日経になじみのない若い層にも触れてもらいやすくしました。加えて、SNSのツイッターやインスタグラムに専門アカウント(nikkei_wcup2014)を開設。現地取材班が大会の舞台裏や街の様子を投稿し、従来の紙面や電子版では伝えきれない情報も公開しています。


【スマホ向けアプリ『日経W杯2014』の特徴】
・日経の専門記者が執筆する、信頼性が高く読みごたえのあるサッカー記事やコラムを配信
・写真を画面いっぱいに表示するデザインを採用
・試合日程、試合会場、各チームの移動距離など観戦に役立つデータが満載
・6月13日のW杯開幕にあわせ公開する新バージョンでは、守備陣形の変化が時間経過とともに再現されるなど試合前、中、後と時間を追って戦力を比較できる機能を追加
・大手メディアが配信するW杯関連ニュースアプリは他になく、FIFAオフィシャルメディアサポーターの日経ならではの取り組みが好評。日経はすべて無料で配信し、新規のファン獲得をねらう
※iOS,Android双方に対応しています。
 最新バージョンはiOSではリリース済み。Androidも近日対応予定。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

経験豊富な記者が執筆するコラムも充実試合日程など観戦に役立つデータや機能も満載アプリのロゴ画像

@Press

トピックスRSS

ランキング