新刊「取引先リスク管理Q&A」出版のお知らせ~実務に活かせる事象別の初動対応を掲載・与信管理関連書籍の第5弾~

@Press / 2014年6月17日 9時30分

取引先リスク管理Q&A表紙
与信管理サービスを提供するリスクモンスター株式会社(以下 リスモン、本社:東京都千代田区、 http://www.riskmonster.co.jp )は、与信管理関連書籍第5弾として「取引先リスク管理Q&A」を2014年6月30日に出版いたします。

今回出版する「取引先リスク管理Q&A」は、リスモンが2000年9月の設立以来、お客様から頂いた「与信管理実務に関するお問い合わせ」を収集し、お問い合わせの頻度が高い順に掲載した与信管理の実務担当者のための手引書です。
本書では、現場の実務担当者に困った事象が発生したときのために、単なる手法や考え方を紹介するだけではなく、次にどんなアクションを起こすべきかが分かるよう、「取引先が倒産した」「入金遅延が発生した」などの事象に対して、事実確認や自社債権の確認といった初動対応などの具体的かつ実務に有用な情報を、一問一答形式で掲載しています。
正に与信管理実務の現場で、お役立て頂ける内容となっています。


■書籍概要
タイトル:取引先リスク管理Q&A
著者  :リスクモンスター データ工場
頁数  :160ページ
定価  :2,000円(税別)
発行  :株式会社商事法務
出版日 :2014年6月30日
章構成 :Part1 困った!回収できないかもしれない!
     Part2 転ばぬ先の杖
     Part3 もしかして危険のサイン?
     Part4 取引を始めよう!

<内容>
与信管理を行う現場では、「取引先の与信調査」から始まって、債権を回収する確実性を高めるための「債権保全」、売買代金などを現金回収する段階の「債権回収」と、幅広い分野での対応が必要となります。本書では、リスクモンスターが長年の与信管理コンサルティングにおいてクライアントから寄せられた質問を頻出順に並べ、Q&A形式でわかりやすく解説しています


■リスモン著書のご紹介
第1弾 リスクはじきに目を覚ます(2008年出版):
与信管理ルールの構築や運用方法を中心に与信管理の実務を解説。営業担当者や審査担当者(初・中級)向け。

第2弾 リスモン式与信管理力(2010年出版):
定性情報を中心とした情報収集・分析から、取引先を格付する方法を小説風に解説。営業担当者や審査担当者(初級)向け。

第3弾 与信管理論(2012年出版):
与信管理に関する考え方や実務手続、雛型を網羅的に解説。与信管理士認定試験の公式テキスト。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング