横浜みなとみらいに、岩手のアンテナショップを6月24日から期間限定で開催 オープン日には伝統芸能の披露や、先着500名に岩手県産品進呈!

@Press / 2014年6月20日 10時0分

『「灯す。」マーケットいわて』ロゴマーク
岩手県商工会連合会(所在地:岩手県盛岡市、会長:千葉 庄悦)は、2014年6月24日(火)~7月14日(月)まで、横浜「MARK IS みなとみらい」にて岩手県産品のアンテナショップ『「灯す。」マーケットいわて』を期間限定で開催いたします。また、オープン日にはオープニングセレモニーとして、伝統芸能の披露や、岩手産品のプレゼントもご用意しています。

公式Facebook: https://www.facebook.com/Tomosu.Market


■開催の背景
岩手県では東日本大震災から3年が経過し、多くの企業が事業再開にこぎ着ける一方、縮小した販路の回復について依然として大きな課題が残っている状況です。
当連合会ではこのような現状を打開すべく、岩手県内の商工会地区の中小企業支援策として、これまでも首都圏など大規模消費地での短期出店を展開して参りました。震災により甚大な被害を受けた岩手県だからこそ、地域を支える復興の灯りをひとつひとつ灯すことが当連合会の使命と考えております。

今回の会場となる横浜「MARK IS みなとみらい」1Fグランドガレリア店舗では、岩手県の自然や風土が育んだ南部せんべい等の菓子類、沿岸地域の復興関連商品など、食料品を中心に約500品目の出品を予定し、復興支援への感謝の気持ちと共にいわての商品をお届けいたします。

また、2Fぶらりギャラリーでは震災復興パネル展を同時開催するとともに、岩手県や神奈川県の観光情報発信コーナーを設置いたします。


■オープニングセレモニー
オープン初日となる6月24日(火)11:30より、「MARK IS みなとみらい」1Fグランドガレリアにて、オープニングセレモニーを開催いたします。テープカットの他、岩手県遠野に伝わる伝統芸能「細越獅子踊り(ほそごえししおどり)」の伝統芸能披露、先着500名様限定で岩手県産品進呈など、岩手の魅力を横浜の皆様に感じていただける企画をご用意してお待ちしております。


■横浜での開催に加えて、第2弾以降も準備中!
この度、「MARK IS みなとみらい」での開催に加えて、横浜市内で第2弾、第3弾の短期開催を予定しており、また当連合会としては初の常設店舗を浅草EKIMISEにて開設予定です。
8月から約半年間の常設店舗を予定する浅草会場では、南部鉄器や木工家具などの伝統工芸品を中心とした岩手の「ものづくり」を伝える商品構成とし、実際の職人による実演販売を実施いたします。
(こちらは内容が確定次第、別途リリースさせていただきます。)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング