真のマルチチャネルを実現し、製薬業界のコマーシャル課題を解決する『Veeva Commercial Cloud』を6月26日発表

@Press / 2014年6月26日 10時0分

Veeva Japan株式会社(本社:東京都渋谷区、日本法人代表取締役:岡村 崇)は、2014年6月26日のVeeva Customer Summitにおいて、300名を超える業界のリーダーを前に、今後リリースを予定している新ソリューションの発表と製薬企業の営業・マーケティング業務を効率化し、市場開拓を支援する次世代型ソリューション『Veeva Commercial Cloud』を発表しました。
『Veeva Commercial Cloud』は、現在提供しているソリューションと今後新たにリリースされる製品の総称です。

『Veeva Commercial Cloud』は、規制を遵守しながらコンテンツを管理し、各チャネルへ統一されたメッセージを配信します。また、チャネル別に蓄積された情報を活用につなげるために、顧客マスタ基盤および顧客データそのものの提供を日本でもスタートします(2015年第2四半期を予定)。Veeva CRMは、あらゆるチャネルの情報が一つのプラットフォーム上に蓄積され、顧客の嗜好を正確に捉え、より良い顧客体験を提供することをサポートします。
『Veeva Commercial Cloud』は、業界や規制の変化への対応を迅速化するために必要な仕組みを継続的なイノベーションを通じて提供しています。

IDC Health Insights社のプログラムディレクターのエリック・ニューマーク氏は次のように述べています。「製薬業界は市場のすさまじい圧力により、営業およびマーケティングの手法を改める必要に迫られています。しかしながら、製薬企業の多くが、必要に応じてシステムを都度導入しているため、必要な情報が分断され、顧客の全体像を捉えるために必要なデータが不足しています。顧客は、いつでも・どこからでもパーソナライズされた情報にアクセスできることを望んでおり、各社、顧客の期待に応えようと苦労しています。クラウドの出現は、企業のマルチチャネル展開を加速させており、コマーシャル領域の転換に大きな影響を与えています。この波に乗り遅れると先頭集団から引き離されることになるでしょう」

さらに、Veeva Japan製品統括責任者である山崎 奈雄也は次のように述べています。「これまで、“マルチチャネル”、“コマーシャルエクセレンス”といった言葉が一人歩きしていた状況でした。『Veeva Commercial Cloud』の登場により、それが遂に現実のものとなりました。コンプライアンスを遵守しながら、マルチチャネルを組み合わせ、顧客のニーズにあったアプローチを実現。さらにすべてのアプローチ結果が顧客に紐づいた形で自動的に集約され、次の一手を打つための、情報を提供してくれるのです。」

@Press

トピックスRSS

ランキング