ネクストジェンのVoIP対応ボイスロギングソリューション、引越業界売上高日本一 サカイ引越センター様の全拠点(160支社以上)で導入

@Press / 2014年6月25日 13時0分

LA-1000とVoISの連携 導入イメージ
株式会社ネクストジェン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大西 新二、以下 ネクストジェン)は、当社のVoIP(※)通話に対応したボイスロギングソリューションが、株式会社サカイ引越センター(本社:大阪府堺市、代表取締役社長:田島 哲康、以下 サカイ引越センター)様の全拠点にて採用されたことを発表いたします。

本ソリューションは、各拠点にIP-PBXでの通話を録音するボイスロガー(LA-1000)を配備し、センター側の通話録音データの蓄積・管理を一括で行うボイスストレージ(VoIS)と連携させて、全拠点のIP電話による全通話記録を実現するものです。各拠点の録音データをセンター側で集約するシンプルな構成のため、既存のネットワークや電話機を変更することなく通話録音と録音データの管理が可能となります。また、拠点の録音データは、圧縮したうえで送信されます。ネクストジェン製ボイスロガーとボイスストレージを組み合わせることで、同様の構成の他システムに比べて低価格なうえ、録音データは管理者権限に応じWebブラウザのシンプルな操作で検索・再生ができるなど、導入が容易であることと使い勝手の良さが特長です。

このたび、本ソリューションは、サカイ引越センター様で採用され、全拠点で導入されました。サカイ引越センター様ではさらなる顧客対応品質向上を目指し通話録音システムの導入を決定されましたが、コスト削減の観点から、通話録音システムの選定には既存のPBXと電話機を利用できることが大前提となっていました。先述の通り本ソリューションはこの点がクリアでき、通話品質が良くコスト以上の導入効果が期待できることや、日本全国に展開する拠点の録音データを本社で一括管理できることなどが高く評価され、このたびの大規模導入に至りました。

ネクストジェンでは、IP-PBXのほか、固定電話、携帯電話、無線のボイスロギングソリューションのご提供が可能です。また、今後は通話に限らず、会議や面談などのオフラインでの録音を含め、多様なボイスロギングソリューションを展開していく予定です。

今後もネクストジェンは、高度な開発技術を活かし高品質でありながらコストを抑えた導入を実現するソリューションをご提供してまいります。

※VoIP(Voice over Internet Protocol):インターネットやイントラネットなどのTCP/IPネットワーク上で音声通話を実現する技術。社内LANを利用した内線電話や、インターネット電話などで応用されている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング