肌老けが加速するシーズン到来!~夏本番を前に緊急調査~夏の初めと終わりで、“見た目年齢”は「3歳」アップ!?

@Press / 2014年6月26日 15時45分

女性が実年齢より老けて見える季節
HSP(ヒートショックプロテイン)配合※1の次世代スキンケア「ORBIS=U(オルビスユー)」を提供する、オルビス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:町田恒雄)は、肌ストレスが多いと言われる夏を前に、全国の20代~50代男女1000名を対象に、「女性の見た目年齢に関する意識調査」を実施※2しました。その結果、3割近くから、夏の終わりには女性が実年齢より老けて見えるとの声が。また、女性の半数近くが、夏の初めと終わりとで、自身の見た目年齢があがっていると自覚しており、その差は平均「+3歳」。紫外線、猛暑、冷房による冷えや乾燥など、ストレスであふれた季節を耐えた肌は疲れ果て、夏が終わるころには、一気に老けてしまう。肌にとって夏がいかに過酷な季節かが伺える結果となりました。
※1 HSP含有酵母エキス配合
※2 2014年6月10日(火)~11日(水)実施、インターネット調査

そこでオルビスでは、「ORBIS=U(オルビスユー)」の購入顧客数40万人突破※3を記念し、本格的な夏を前にした6月26日(木)より、「HSPと冷えないカラダで美肌を作る 夏の夜ケア」キャンペーンを実施。期間中にご応募いただいた方の中から抽選で100名に、「“夏の夜ケア”特別セット」(夏用タオルケット[ORBIS=Uロゴ入]&「ORBIS=U(オルビスユー)」トライアルセット)をプレゼント。本キャンペーンを通じて、肌にとって過酷な夏に備え、HSPと冷えないカラダで美肌を作る夜習慣を提案します。  ※3 オルビスユーシリーズ購入顧客数(2014年2月22日~6月9日の販売実績)

*HSP(ヒートショックプロテイン)とは・・・
紫外線などの影響で傷ついた酵素を修復して活性化するたんぱく質。加齢によって減少することが知られており、HSPを高めるトータルな美肌ケアが注目されています。


《「見た目年齢に関する意識調査」調査結果》
●女性が最も老けてみえる季節は、「夏の終わり」
女性が実年齢より老けて見える季節を聞いたところ、3割近く(29.0%)から「夏の終わり」があがり、女性が最も老けて見える季節として選ばれました。夏の間中、紫外線、冷房による冷えや乾燥など、多くのストレスをかかえている現代女性。ひと夏が終わると、見た目年齢が実年齢を上回ってしまうというのも頷けます。

●「夏の終わり」に自覚する見た目年齢の上昇度は、「+3歳」
そこで、女性を対象に、「夏の初め」と「夏の終わり」の見た目年齢をそれぞれ自己評価してもらったところ、夏の終わりの方が見た目年齢が高いと自覚している人が半数近く(44.6%)。その差を見ると、1~2歳が6割近くを占める一方で、3歳以上とした人も多く、夏の初めと終わりの見た目年齢上昇度の平均は、実に2.8歳という結果に。わずか数か月の間に、3年分も老けて感じるとは、女性にとって夏がいかに過酷な季節かが伺えます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング